「HKSワークスマシンの強心臓がついに市販化!」高性能パーツを熟練メカニックが組み込むコンプリートエンジン!【東京オートサロン2020】

あの最強エンジンを誰でも手にすることができる!

 

FA20、VR38DETT、RB26DETTのチューンドエンジンを販売!

 

 

多くのチューニングフリークにとって憧れの存在となっているのが、パーツメーカーが全勢力を注いで作り上げるワークスチューンド。まさにメーカーの看板としてサーキットタイムアタックや最高速、ゼロヨンやゼロセン加速など様々なチャレンジで頂点を目指すためのマシンである。

 

「俺のクルマにもあのエンジンがあれば…」なんて思っていた人に向けて、ついにHKSがやってくれました。スバルFA20、日産VR38DETT、RB26DETTの3基をベースに、合計7タイプのチューニングコンプリートエンジンをリリースすることになったのだ。いずれも、ワークスマシンを手がけてきた熟練のメカニックがパーツの組み付けやエンジン加工を行うことは言うまでもない。

 

●FA20

 

スバルFA20エンジンはご存じ86&BRZ用の水平対向4気筒エンジンで、コンプリートエンジンは86ベースの筑波タイムアタックマシンTRB-03の開発からフィードバックされた最強ユニットだ。

 

専用の0.5mmオーバーサイズピストンを装着した過給機仕様向けの2.2Lローコンプタイプで、ステップ1(230万円)はピストン、コンロッド、クランクを強化した上、ピストンクーラーの追加、強化コンロッドベアリング、ハイカムなどの装着などで最大トルク600Nmに対応。

 

 

ステップ2(330万円)はクローズデッキブロックに削り出しコンロッド、バルブシート&ガイド変更、強化ヘッドボルトを採用して最大トルク900Nmに対応。ステップ2のメニューに加え、さらにガスケット抜けを防ぐヘッドの剛性アップと燃焼室と吸排気ポート加工を施したのがステップ3(予価426万円)となる。

 

●RB26DETT

 

RB26DETTに用意されたのは、定番の最強仕様として支持されてきた2.8L仕様のステップ2(予価375万円)。鍛造ピストン&コンロッド、フルカウンタークランクに加え、ヘッドもハイカムや強化バルブスプリング、ノッキング抑制のためのNC加工燃焼室などを採用。大容量オイルポンプや強化クランクメタルも追加して高トルクに対応できるものとしている。

 

 

さらに注目したいのは、動態保存指向の第2世代GT-Rユーザー向けのハイレスポンス仕様(価格未定)。軽量化と高剛性を両立させた専用ピストン、コンロッドピン、クランクの他、ヘッドもハイカムや強化バルブスプリング、NC燃焼室加工などでしっかりとチューニング。それらの効果を最大限に生かすために、専用クランク角センサーと強化点火コイルなど電装系パーツも含まれているのだ。

 

●VR38DETT

 

R35GT-R用のVR38DETTは、4.3Lと4.3Lステッププロの2タイプを設定。4.3L(550万円)は排気量アップキットを最高の状態で長く使用できるように、強化スタッドボルトやメタルの採用でクランクまわりを見直し。ヘッドもハイカムや強化バルブスプリング、ヘッドガスケット、強化ヘッドボルトなどでしっかりとチューニングされている。

 

 

ステッププロ(価格未定)ではさらなる高トルクに対応できるように、クランク素材の変更やクロモリ材の専用ベアリングキャップなどを採用している。

 

どのタイプも補機類は含まれないショートエンジンなので、タービンや吸排気パーツの組み合わせ次第で、ターゲットに合わせた仕様を狙うことができるだろう。

 

●問い合わせ:エッチ・ケー・エス 静岡県富士宮市北山7181 TEL:0544-29-1235

 

【関連リンク】

エッチ・ケー・エス

https://www.hks-power.co.jp


関連ニュース