「より深化した3ローターNA仕様のロータスヨーロッパ」2013年の最優秀車両がパワーアップ!【東京オートサロン2020】

公開日 : 2020/01/16 05:30 最終更新日 : 2020/01/16 05:30


アダルト感が増した3ローターNA仕様のロータスヨーロッパ!

 

2013年のチューニングカー部門・最優秀車両が大幅モディファイ!

 

この美しいシルバーのスーパーチューンドは、雨さん率いるRE雨宮が2013年の東京オートサロン出展用に開発し、チューニングカー部門・最優秀賞に輝いた“雨宮ロータスヨーロッパ20B”の進化型だ。

 

 

ロータスヨーロッパは、1966年から約10年間に渡って生産されたイギリス産のミッドシップスポーツだ。逆Y字型のバックボーンフレームにFRPの軽量ボディを被せた構造で、車重はなんと610kg(初期型)。エンジンは、最終的に126psの1.6L直4DOHCまで進化したのだが、REチューンの神様が手掛けたコイツの心臓部は、もちろん勝手知ったるロータリーユニットとなる。

 

 

パワーソースは13Bではなく、圧倒的なトルク感&レスポンスを求め、13B-MSP用ローターを組み込んだハイコンプ20Bとし、内部パートはほぼスーパーGT最終年のスペックに近いもの。搭載位置はもちろんリヤミッドである。その後部にレガシィ用のミッション&デフをドッキング。ミッション内フロントデフには3.9ファイナルが組み込まれ、ギヤ比は最適化済みだ。

 

 

エキゾースト環境はストリート前提のスペックとなる。特にエンドマフラーには拘り満載で、大型のステンレス楕円サイレンサーを2連で装備した上、エンド部にはデザイン性を重視した純チタンテールを合体している。

 

 

サスは元々がフロント:ダブルウィッシュボーンのリヤ:チャップマンストラットだが、旋回性能を根本から高めるために前後ともロードスターのダブルウィッシュボーンへと変更。ダンパーにはクァンタム製のSPLモデルを奢る。

 

 

ブレーキはフロントがエンドレスの4ポットキャリパー雨宮スペック+2ピーススリットローターで、リヤにはRX-8純正キャリパー+スリットローターの組み合わせとなる。

 

 

エクステリアは同社のRX-7用エアロパーツを加工流用しながら構築。ヘッドライトはAC987キットと同一のポルシェ純正だ。ボディカラーはソリッドのレッドからシルバーへと一新された。

 

リヤウイングはRE雨宮と親交が深いパワークラフトによる逸品で、ウエットカーボンをマット塗装してドライカーボンのような雰囲気で仕上げている。「ホイールもゴールドからブラックに塗り替えて大人っぽくしてみた」とはパワークラフト伊東代表。

 

 

ルーフにはフレッシュエアを引き込むためのベンチレーターを装備。内側のパネルまで丁寧にカーボンで成型されているのがすごい。こちらもパワークラフトによるワンオフ品だ。

 

 

ドアパネル後端にはインレットダクトを設定。裏側もしっかりと通路が製作されており、エンジンにフレッシュエアを効率良く導けるようにしている。ちなみにルーフパネルにはヴィッツ純正ボンネットが使用されていたりもする。

 

 

カーボンパネル&全面バックスキンで上品に仕上げられたインテリア。センターパネルのモニターはバックビュー用として機能する。シートはブリッド製のフルバケを導入。ステアリングラックやペダル類はロードスター用を流用する。パワステはもちろんレスだ。

 

操作系と足回りはロードスター用、ラジエターやリヤブレーキ等はRX-8用、オイルクーラーはRX-7用と、RE雨宮らしくマツダのDNAを全注入。現代車のテクノロジーを持ってロータスヨーロッパを生まれ変わらせた大作、その魅力はどんなに時間が経過しようとも決して色褪せることはない。

 

●取材協力:RE雨宮 千葉県富里市七栄439-10 TEL:0476-90-0007/パワークラフト TEL:0120-809-099

 

【関連リンク】

RE雨宮

http://www.re-amemiya.co.jp/

 

パワークラフト

http://www.power-craft.jp/


関連ニュース