「クールレーシング最新のR35GT-Rが凄すぎる!」走りに特化したNEWエアロでフル武装!【東京オートサロン2020】 | web option(ウェブ オプション)

「クールレーシング最新のR35GT-Rが凄すぎる!」走りに特化したNEWエアロでフル武装!【東京オートサロン2020】

スタイリッシュとレーシングが融合した造形美を見よ!

 

強烈なコンケイブの新作鍛造2ピースホイールにも注目

 

クールレーシングといえば、3Dペイントやエングレービングという技法を駆使し、東京国際カスタムカーコンテスト2015でグランプリに輝いたR35GT-Rを筆頭に、これまで様々なコンテストで賞を受賞した実力を持つカスタムビルダーだ。そんな同社が今回の東京オートサロン2020に投入したのは、新作の35R-GTIIフルバンパーエアロキットをまとったR35GT-Rである。

 

 

外装の仕上がりには強い拘りを持つクールレーシングらしく、今回も凝りに凝ったグラフィックゴーストパールペイントという塗装が施されたR35GT-R。塗装担当はROHANの井澤氏で、透けるホワイトパールの下側に光を当てるとブルーに発色する特殊な塗料を使い、さらに内側にはグラフィックペイントが仕込まれている。

 

 

軸となる35R-GTIIフルバンパーエアロキットは、バンパー部以外の全てをカーボンで製作。また、ワイドフェンダー部はスムージングされ、ボディと一体感のあるオーバーフェンダー形状が構築されている。

 

 

「とにかく冷却を重視しましたし、実際に走ってみましたがかなり冷えます」と言うだけあって、フロントバンパーは大きな開口部が設けられ、インタークーラーコアやオイルクーラーコアへと効果的に走行風を当てることができるのが特徴だ。細かいカーボンパーツは分割構造のため、好みによって脱着することもできる。

 

 

バンパーにはディフューザーに加えて、サイド部分には「ギリギリ間に合った」というカナードも装着。走行ステージに合わせて空力のコントロールが可能というわけだ。

 

 

フロント同様にリヤも大胆なデザインだ。リヤバンパーは走行風の抜けを意識した大型の開口部を設定。また、アンダーディフューザーはテールエンド上部も覆い尽くす非常に複雑な形状を採用し、迫力のリヤビューを生み出している。

 

 

今回のエアロキットに合わせ、レーシーなイメージの新作ミドルマウントウイングも開発。スーパーGTマシンで採用されているスワンネック式のイメージを取り入れつつ、翼端板の形状にも工夫が施され、エアロキットと違和感なく溶け込む仕上げになっている。

 

 

ホイールは東京オートサロン2020デビューとなる鍛造2ピースのVERZ-KRONE(ヴェルズクロネ)KR02を装着。通常ならディスクが2枚作れるという厚みのビレットから削り出し、強烈なコンケイブデザインを創出している。

 

 

「これまでのR35GT-R用エアロキットは、コンプリートカー前提に純正ラインを生かしたカタチで作っていたんです。しかし、もっと派手なのはないの?という要望もあったし、自分のR35GT-Rでドリフトするときも冷却面で悩まされまして…。4作品目となる今回のR35GT-R用エアロキットは、思いっきり走りを意識して作りました」と片岡代表。

 

存在感は圧倒的にして唯一無比。カスタム志向のR35GT-Rユーザーにとっては、垂涎の存在が誕生したというわけだ。

 

●取材協力:クールレーシング TEL:052-693-9805

 

【関連サイト】

KUHL RACING
https://kuhl-japan.com/
 



 

関連ニュース