「86&BRZチューンの可能性を追求し続けるJUNの今」ハイコンプNA仕様の86とターボ仕様のBRZを展示!【東京オートサロン2020】

公開日 : 2020/01/13 11:00 最終更新日 : 2020/01/13 11:00


JUNらしい質実剛健のエンジンチューニングに注目!

 

FA20エンジンを覚醒させる2つのアプローチを提案

 

高度なチューニングには欠かせない精密エンジン加工のJUNマシンショップ、ユーザーの望みを実現するチューニングショップのJUNオートメカニック、エアロパーツの開発や板金・塗装のエキスパートJUNボディワークスで構成されるJUNグループ。

 

そのブースを飾ったのは、オリジナルのリップスポイラーとサイドステップ、リヤディフューザーを装着し、おなじみのスーパーレモンイエローのグラフィックで仕上げられたトヨタ86とスバルBRZだ。

 

 

トヨタ86は自然吸気ならではのエンジンフィーリングを追求したもので、FA20エンジンには米国CPーCARRILLO社製のハイコンプピストン、ヘッドには試作品のハイカムが組み込まれている。

 

 

吸気系にはカーボン製のインテークやGTサージタンク、排気系はトラストのエキゾーストマニフォールドとコンフォートスポーツVer.2マフラーで吸排気系もしっかりと効率アップを図り、最高出力213.9ps、最大トルク22.18kgmを獲得しているのだ。

 

 

足回りはエンドレスのファンクション.com車高調と6ポットキャリパーを装着。ホイールはアドバンレーシングGT(FR9.5J×18 +45)で、タイヤはアドバンネオバAD08R(FR235/35R18)を組み合わせる。

 

 

一方のスバルBRZは、パワフルな走りを追求したボルトオンターボ仕様だ。FA20エンジンには手を加えず、トラストT518ZターボキットとJUNのGTサージタンク、トラストパワーエクストリームRマフラーなどの装着により、最高出力342.4ps、最大トルク37.16kgmを獲得。

 

将来的にはCPーCARRILLO製のローコンプピストンを組み込んで、さらにハイブーストを可能にすることを検討しているという。

 

 

足回りは86と同様で、車高調はエンドレスのファンクション.com、ブレーキはフロント6ポット、リヤ4ポットキャリパーを装着。ホイールはアドバンレーシングTC4(FR9.5J×18 +45)で、タイヤはアドバンネオバAD08R(FR255/35R18)となっている。

 

NAとターボでアプローチは異なるが、どちらも魅力的なチューニングということに変わりはない。さすがは世界に多くのファンを持つ“技術屋集団”の作品だ。

 

●取材協力:JUNオートメカニック 埼玉県入間市狭山ヶ原松原102-1  TEL:04-2934-5335 

 

【関連リンク】

JUNオートメカニック

https://www.junauto.co.jp/


関連ニュース