「風間オートのレクサスRC用エアロが格好良すぎる件について」ストリート仕様とGT3仕様が見事に融合!【東京オートサロン2020】

公開日 : 2020/01/11 16:00 最終更新日 : 2020/01/20 19:26


片側プラス75mmのフェンダーが個性を強調!

 

ボンネットとGTウイングでさらにGTマシン感が加速する!

 
レクサスRCのレース専用車両“RC F GT3”。これにひとめ惚れしたカザマオートサービスの風間代表が、ストリートマシンとしても競技用マシンとしても使えるようにと、デザインをアレンジして完成させたのが、東京オートサロン2020にてお披露目されたレクサスRC用のボディキットだ。
 

ハイライトはやはり前後フェンダーの複雑な形状だろう。RCが有するスタイリッシュさを損なうことなく、レーシングテイストを注入、独創的なワイドシルエットの構築に成功している。

 

 

ボディキットは、フロントリップスポイラー、サイドステップ、フロントフェンダー&バンパーカバー、リヤフェンダー、リヤセンターディフューザー、リヤサイドディフューザーの7点構成だ。

 

 

当初は片側80mmワイドで開発していた前後フェンダーだったが、もともと全幅が1840mmもあるため「積載車に載せられなくなってしまう」と、片側75mmワイドに変更。構想段階よりもやや全幅が抑えられたとはいえ、それでもドアミラーが完全に内側に収まってしまうほどだ。ボンネットは近年のスーパーGTマシンと同じように、両サイド部が大きくえぐられた形状のダクトが設けられている。

 

 

「すでに他車種で展開しているエアロ製品”プロモードSSシリーズ”の流れを大切にしつつ、RCに合わせても違和感がないようにした」というフェンダーの造形は見事。タイヤの後方が大きくカットされた形状となっており整流フィンも設定。ウイング形状のフェンダーエンドがレーシングスペックを物語る。

 

 

フロントとバランスを取るように大きく張り出されたリヤフェンダー。ボトムラインを崩さないように配慮しつつ、テール部分までフィンの形状が伸ばされており、その下部にはさらに2枚の大型フィンが組み込まれた形状となっている。

 

 

また、東京オートサロンのレイズブースには、同じエアロキットを装着したドリフト仕様のレーシングカーを展示。これは、フォーミュラドリフトジャパンのシリーズチャンピオンを獲得したアンドリュー・グレイ選手が2020年から投入する予定のニューマシンだ。

 

競技専用車ということもあり、グラフィックが貼られていたり、走行風を効果的にインタークーラーコアへと導くためにグリルの下部がカットされていたりと、同型エアロキットとはいえ、かなりイメージは異なっている。

 

 

なお、ボンネットとウイングはまだマスター状態のため発売時期が遅れるものの、フロントリップスポイラー、サイドステップ、フロントフェンダー&バンパーカバー、リヤフェンダー、リヤセンターディフューザー、リヤサイドディフューザーはすでに販売中だ。価格はFRP製が税別70万円、CFRP製が税別85万円となっている。

 

●問い合わせ:カザマオートサービス TEL:048-745-2026

 

【関連リンク】
カザマオートサービス
https://www.kazamaauto.co.jp