「トムスが本気になった!」センチュリーとGRスープラの限定チューンドコンプリートを発表!【東京オートサロン2020】

公開日 : 2020/01/10 13:07 最終更新日 : 2020/01/10 17:13

GRスープラは早くもハイフローターボで460馬力まで強化!

 

トムスの技術が詰め込まれたセンチュリーも要チェック!

 

国内屈指のレーシングコンストラクターであり、トヨタのオフィシャルチューナーとしてもお馴染みの“TOM’S(トムス)”は、東京オートサロン2020で2台のチューンドコンプリートを発表した。

 

 

1台はGRスープラベースの“TOM’S SUPRA”だ。まずパワー系はレースエンジンのスペシャリスト「前田光彦」氏が担当。ハイフロータービンおよびオリジナルのECU「T.E.C.II」を軸にチューニングを施し、460ps/59.0kgmを発生させている。

 

 

一方の足回りは、セナとプロストの片腕と呼ばれたダンパーの魔術師“寺本浩之”氏が担当し、トヨタテストドライバーの頂点であるトップガンを務めていたことで知られる“西島光義”氏による徹底的なテストにより創り出されるという。

 

 

エクステリアには、スーパーGTのGT500車両と同サイズ(全幅1950mm)まで広げたワイドボディキットを開発。さらに、フロントからリヤまでドライカーボン製のアンダーディフューザーを装備、リヤには大形のGTウイングも組み込まれる。

 

 

フロントには顔つきを精悍にするバンパーガーニッシュも取り入れ、エアロダイナミクスに優れたデザインに仕上げられている。

 

 
インテリアは、随所にカーボンガーニッシュを装着し、スポーティな機能美を演出。

 

 

また、ドライバーズ&ナビシートは好みのシート地に張替えが可能なバケットシートをオプションで設定している。
 

 

その他、クーリングからブレーキまでキッチリと手が入り、コンプリートカーとして99台の限定生産を予定。価格は1423万円だ。

 

 

そしてもう1台は、なんと現行センチュリーベースの“TOM’S CENTURY”だ。

 

 

ベントレーやロールスロイスなど欧州のハイエンドサルーンにも負けない存在感と質感を求めたこの車両は、オリジナルのフルエアロに4本出しのオーバルマフラーなどトムスらしいエッセンスを注入。

 

 

室内空間にも拘り、スポーティにもエグゼクティブにも変更が可能なフルオーダーメイドシートは国内シート職人が手掛け、「最高級ナッパレザー」をはじめとする素材と無数のカラー、ステッチの組み合わせにより、乗り手の好みに合わせたオリジナル仕様が可能となっている。こちらもスープラ同様にコンプリートカーとして36台の限定生産を予定。価格は2816万円とのこと。

 

 

なお、これらのコンプリートモデルは特別限定にて1月10日から注文受付を開始。同年夏頃のデリバリー開始を予定しているという。トムスの技術力を支えているのは、1974年の創業以来参戦を続けるレース活動で蓄積してきた莫大なデータと経験だ。それらを全投入して生まれてくるスーパーチューンドコンプリート、魅力的すぎるだろう。

 

●問い合わせ:トムス TEL:03-3704-6191

 

【関連リンク】

トムス

https://www.tomsracing.co.jp