「2.0L化+T78タービンで600psを絞り出すモンスターEG6シビック!」軽量ボディとターボパワーの組み合わせは強烈すぎる!

公開日 : 2020/01/08 11:00 最終更新日 : 2020/01/08 11:00


T78ターボ仕様で異次元の加速を見せるハイパワーEG6!

 

シビックのステージはワインディングやサーキットだけじゃない!

 

ワインディングやサーキットで速さを見せつける軽量FFマシンというイメージが強いEG6。ところが北海道のメイクアップが製作した1台は、前置きインタークーラーにワイドフェンダーが異色の存在感を放っているゼロヨン仕様なのだ。細部を見ていく。

 

 

エンジンはB20Bの腰下にB16Aヘッドをドッキング。ボア1mmオーバーサイズとなるOS技研の84.5φ鍛造ピストンにH断面コンロッドが組まれる。VTECコントローラーによってハイカムへの切り替わりポイントを6500rpmにセットしており、レブリミットは9500rpmだ。

 

 

ワンオフEXマニを介して装着されるのはT78-29Dの14cm2。エンジン横置きのFF車だけに、シリンダーブロックやラジエターコアサポートとのクリアランスはギリギリ。このスペースによく収めたと感じざるを得ない仕上がりだ。

 

 

ウエストゲートはT78やT88、TD07Sなどビッグタービンに対応した大容量のGreddyタイプCをチョイス。EXマニやタービンを含めて、そのレイアウトに苦労の跡がうかがえる。手前に見えるラジエターはRGの真鍮2層タイプだ。

 

 

スロットルはノーマルの62φに対してバタフライ径を70φに拡大したスプーン製をチョイス。これでパイピングを80φにすることが可能になった。サージタンクはB16A用が使われている。

 

 

エキゾースト関係はメインパイプ径はフロントパイプに合わせた80φ、テールを115φとしたオリジナルフルチタンマフラーを装着。最低地上高を稼ぐため、基本的にノーマルと同じパイプレイアウトとされている。

 

 

OS技研ツインプレートクラッチを介してB16B用純正ミッションを装着。デフにはクスコLSDが組まれるがクロス化は行われておらず、ファイナルまで含めてギヤ比はノーマルのままだ。とりあえずはミッションが壊れるまでこの仕様でいくという。

 

 

サスはHKSハイパーマックスIIダンパーに、フロント9kg/mm、リヤ10kg/mmというスプリングをセット。また、600psものパワーによるトラブルを防ぐため、ドライブシャフトはテクノプロスピリッツの強化品に交換済みだ。

 

 

フロントタイヤはニットーNT555Rの245/50-16。これを収めるために、フェンダーはワンオフ加工によって片側50mmほどのワイド化が図られている。「フェンダーアーチのラインがちょっとRX-8っぽいんだよね」とは、メイクアップの本田代表。

 

 

個性的にまとめられた室内。ダッシュボード右側にはオートメーターのタコメーターをセット。センターのエアコン吹き出し口をカーボンパネルで覆ったところにはデフィの追加メーターが4連で装着している。

 

 

シフトブーツやロールバーパッドとともにシートも黄色でコーディネイト。ストリートでの使い勝手も考えて、セミバケタイプを装着している。ロールケージはセーフティ21の7点式だ。

 

 

スワップされたB20Bは、同じB系エンジンでもB16Aよりシリンダーブロックが高く、純正ボンネットではカムカバーが思いきり干渉してしまう。そこで中央部を大きく盛り上らせたカーボンボンネットをワンオフ製作することに。

 

 

大型のインタークーラーやフロントのワイドフェンダー、2.0L+T78タービンという仕様からかなりのジャジャ馬を想像させるマシンだが、実際の性格は下からトルクが湧き上がり、街乗りも十分こなせる仕様。VTEC+ターボの組み合わせは非常に相性が良いのである。

 

ゼロヨンが盛んな北海道らしいチューニングカーだが、シビックの楽しみ方を再定義してくれるような1台だ。

 

●取材協力 メイクアップ 北海道石狩市樽川42-2 TEL:0133-72-4177

 

【関連リンク】

メイクアップ

http://www.makeup-power.co.jp/