「独創的なオリジナル製品で86&BRZの走りを磨く!」創業30年以上を誇るマルシェの技術に迫る

公開日 : 2020/01/06 14:40 最終更新日 : 2020/01/06 14:54


創業30年以上を誇る老舗のノウハウで走りをサポート!

 

確実に効果をもたらすオリジナル製品の数々

 

現役ラリードライバーでもある石田正史店長の豊富な経験をフィードバックして、スバル車を中心にオリジナルチューニングを展開しているカーステーションマルシェ。これまで86&BRZのチューニングにも積極的に取り組んできており、ストリートやサーキットで徹底的にテストを重ねながらポテンシャルアップを追求してきた。

 

 

「一時期は落ち着いた感もありましたが、ここへきて再び86やBRZの入庫が増えてきています。作業の内容はスーパーチャージャーの装着や足回りの変更、LSDの装着、ミッションのオーバーホールなど様々ですが、サーキット指向の強いオーナーさんが多くなっているような印象です」と、石田代表は最近の状況を教えてくれた。

 

 

マルシェのチューニングの真骨頂は、まずベース車両を徹底的に見極め、弱点を補いながら長所を引き出して、トータルパフォーマンスの底上げを図ること。なかでもマルシェの代名詞として知られるのが、オリジナルの剛性アップパーツ。86&BRZ用では、“メンバー筋金くん”とリヤの“サブロック”を用意し、メンバーとボディの締結剛性アップを果たしている。

 

 

それぞれを説明すると、フロント周辺の剛性をアップさせるのが“メンバー筋金くん(1万8000円)”だ。サイドフレームとフロントメンバー、フロアを三角形にガッチリと固定することで、走行時に大きな入力が加わる部分をしっかり補強してくれる。

 

 

そして、リヤメンバーをボディに固定しているブッシュの上下にカラーを装着して、リジッドマウント化するのが“サブロック(2万8000円)”。加速時のトラクションやコーナリングでその効果を実感できるはずだ。

 

 

スポーツ走行には欠かせない足回りも、マルシェでは目的や予算で選べるオリジナルスペック車高調を用意。フラッグシップはエンドレススーパーファンクションベースのマルシェスペック(34万5000円~)で、デモカーのBRZで徹底的にテストを重ねて開発した、ずばりサーキットでタイムが出せる足とのこと。コースや目的に応じたスペシャルセッティングも対応可だ。ストリートでのしなやかさも求める人にはHKS製のハイパーマックスをお勧めしている。

 

 

ブレーキは、エンドレスの鍛造6ポットキャリパーを軸にしたオリジナルキットを用意。フロントは大径340mmローターとの組み合わせ(38万8000円)で、17インチホイールにも対応。リヤ用は326mmローターに、S2キャリパーのコンビ(23万7000円)だ。

 

 

そうしてポテンシャルアップを図ったボディや足回りの能力を、フルに発揮させるために欠かせないのがLSD。86&BRZのデフは容量が大きいので、サスとのマッチングはショップの腕の見せ所。マルシェではクスコRSをベースに、ロックポイントを遅めに設定したスペシャルLSDを用意しているので注目したい。

 

 

また、新たにラインナップされた“放電くん(ショックトップ用:1万円/アッパー取り付け部用:2万5000円)”も見逃せない。これは、走行中やショックの作動時に発生する静電気を放電することで、突き上げ感の低減をはじめとした様々な効果を発揮するアイテム。「怪しい!」という人は、実際に試着して体感してみてほしい。

 

 

もちろんスーパーチャージャーの追加や排気量アップ、ECUセッティングにも経験豊富なメカニックが対応。86&BRZで走りを楽しみたいオーナーに、マルシェは力強い存在なのだ。

●問い合わせ:カーステーションマルシェ 群馬県前橋市亀里町1224 TEL:027-265-6789

 

【関連リンク】

カーステーションマルシェ

www.cs-marche.com