「官能性も持ち併せた高回転志向の2LV6エンジン!」5速MTでの走りが痛快なユーノス500【ManiaxCars】

公開日 : 2019/12/29 15:00 最終更新日 : 2020/01/06 16:09


バブルマツダの傑作と言える1台! 注目はスタイリングだけじゃない!

 

コレを真似たのがアルファロメオ156!?

 

5ナンバーサイズのミドルセダンであるユーノス500は1992年2月に登場した。ユーノスチャンネルの基幹車種として高品質へのこだわりが強く、たとえばボディでは重量の約90%に防錆鋼板を使用。カチオン電着塗装の上に中塗り、上塗り、新硬化クリアコートを実施し、ボディを回転させながら乾燥、焼付けすることで塗膜の厚さと硬度を大幅に向上させる“高機能ハイレフコート”が採用される。それによって滑らかで深みのある艶と、色褪せやスリ傷などに強い耐候性、耐久性を長期に渡って維持しているのだ。

 

 

そうしてしっかり作り込まれたボディに搭載されるのは、2.0LのKF-ZE型(160ps/18.3kgm)と1.8LのK8-ZE型(140ps/16.0kgm)という2種類のV6で、どちらも5速MTと4速ATが用意される。取材車両はKF-ZE型を載せる普及グレードの20Fだ。

 

 

曲面を多用したダッシュボード周りのデザイン。クオリティの追求はインテリアにもうかがえる。メータークラスター左右にはフォグ&バックフォグ、オートエアコンなどの各種スイッチを配置。メーターは左からタコメーター、スピードメーター、燃料計、水温計が並ぶ。

 

 

メータークラスターがセンターコンソール左端まで食い込むため、必然的に低い位置に配置されることになったエアコン吹き出し口。その下は順に1DIN純正AM/FMチューナー付きカセットデッキ、小物入れ、シガーライター&プッシュオープン式の灰皿だ。

 

 

発泡材注入式ピラーや制振構造採用ダッシュパネルを用いるなど音や振動への対策を実施。これも高品質を求めた一環と言える。20Fはファブリック地のシートが標準で、オプションを含めて本革シートの設定はナシ。取材車両は最上級グレード20Gから本革シートを移植することでラグジュアリー感をアップ。

 

ManiaxCars季刊化創刊号の『バブルマツダ』特集でもユーノス500を取材、掲載しているが、その時は同じKF-ZE型を積んだ20Fでも4速AT車だった。Dレンジでのフル加速では、きっちり7000rpmまで使い切ってシフトアップ。1→2速も2→3速も、パワーバンド内の4500rpmで次のギヤにバトンタッチするから加速感に切れ目がなかった。その時、「これならヘタに5速MTで乗るより速いんじゃないか」という感想を持った。

 

で、今回5速MTに試乗すると…おっと、1速での発進から力強いではないか。ファイナル比はどちらも4.1(微妙に違うけど)なのに、1速ギヤ比はATの2.800に対してMTは3.307とはるかにローギヤードなのだから当然だ。

 

各ギヤの繋がりを見るステップ比は1~2速こそATもMTも1.8で変わらないが、2速以上になるとギヤが1段多い分、MTの方が小さくなる。つまり、シフトアップ後にエンジン回数数の落ち幅が小さく、上のギヤへの繋がりが良いということだ。

 

たしかにATとのマッチングも良かった。が、MTに乗ってしまうと、KF-ZE型をより楽しめるのはやっぱ5速MTだったか…と思うしかない。そもそもが“回りたがり”のマツダK型だから、なおさらそんな思いを強くする。

 

 

自動車税の改正もあってユーノス500が登場した91年というと、“排気量2.0L以下で、全幅拡大による3ナンバー”が増殖しはじめた頃。しかし、その波に乗ることなく、5ナンバー枠に収まるサイズでこのスタイリングを実現したところにユーノス500の大きな価値がある。

 

いまだ古さを感じさせない流麗なボディに官能性を併せ持ったエンジンを積むユーノス500。似たようなクルマでアルファロメオ156というのがあって根強いファンもいるようだが、同じ2.0Lで話をすれば所詮、向こうは直4だ。どう見たってスタイリングもエンジンもユーノス500の圧勝! オーナーには胸を張って乗ってほしいと強く思う。

 

■SPECIFICATIONS

車両型式:CAEPE

全長×全幅×全高:4545×1695×1350mm

ホイールベース:2610mm

トレッド(F/R):1470/1480mm

車両重量:1210kg

エンジン型式:KF-ZE

エンジン形式:V6DOHC

ボア×ストローク:φ78.0×69.6mm

排気量:1995cc 圧縮比:10.0:1

最高出力:160ps/6500rpm

最大トルク:18.3kgm/5500rpm

トランスミッション:5速MT

サスペンション形式:FRストラット

ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク/ディスク

タイヤサイズ:FR195/60R15

 

TEXT&PHOTO:廣嶋健太郎(Kentaro HIROSHIMA)

取材協力:SKT TEL:042-519-9826