「キュートな女子レーシングドライバー達が最速を賭けてeスポーツでバトル!?」元有名アイドルやレースクイーンも参戦!

公開日 : 2019/12/29 11:00 最終更新日 : 2020/01/06 16:14


バーチャルの世界でナンバーワン女子ドライバーを決する!

 

土曜日の午後5時30分からスタート!

 

東京オートサロン2020の会期中、国際会議場ではWEB OPTIONとJeGTがタッグを組んでeスポーツイベントを開催する。3日間を通して様々なコンテンツを用意しているが、ここでは土曜日の午後5時30分からスタートする「女子レーシングドライバー対決」の参加メンバー6名を発表しよう。

 

それぞれの主戦場はラリーやドリフト、耐久レースなど様々だが、モータースポーツに賭ける情熱はどの選手もハンパではない。そんな彼女たちがバーチャルの世界で対決するのが今回の企画。ファンならずとも観戦に来ていただきたい。

 

粟野如月(あわの きさらぎ)

 

前回のJeGTにWEB OPTIONチームからエントリーした女性ドリフト選手。国内の競技ドリフト「D1ライツ」を主戦場としつつ、海外のレースにも積極参戦する行動派。レースクイーンやタレントしても活躍中。

 

いとうりな

 

レースクイーンやタレントとして活躍する一方、ドライバーとしても全日本ラリーや86/BRZレースなど様々な競技レースに挑戦。2019年の全日本ラリー選手権では、JN6クラスでシリーズ2位を獲得するほどの実力者。
 

梅本まどか(右:うめもと まどか)&板倉麻美(左:いたくら まみ)

 

梅本選手(右)はアイドルグループ「SKE48」の元メンバーで、オートバイやクルマ好きがこうじて、2019年から全日本ラリーにコ・ドライバーとして出場中。将来的にはWRC出場を目指して活動を続ける注目の若手女性ドライバーだ。一方の板倉選手(左)は、梅本選手とコンビを組んで2019年から全日本ラリーに参戦中の若手女性ラリードライバー。愛車はスバルインプレッサWRX(GDA型)という強者だ。

 

槻島もも(つきしま もも)

 

元BOSO娘(千葉県の房総半島応援アイドル)のリーダーで、タレント活動を続けながらラリーやダートラ、サーキット走行にも挑戦。2019年は全日本ラリーに参戦し、存在感を見せつけた。愛車はNB6C(NR-A)ロードスター。

 

額賀由里子(ぬかが ゆりこ)

 

亡き父が創設したレーシングカートコース“イタコモータースポーツパーク”(茨城県潮来市)を弟とともに経営する若き2代目。カートレースやロードスターレースなどを経験し、2019年からは「KYOJO CUP」に参戦中。