「先代スープラの魅力を再確認できる620馬力のビッグシングル仕様!」GRスープラにバトンタッチしても、JZA80の輝きが鈍ることはない!

公開日 : 2019/12/28 13:00 最終更新日 : 2019/12/28 13:00

街乗りも難なくこなせる620馬力のビッグシングルターボ仕様!

 

2JZ-GTEのウマ味を活かしたストリートチューンの決定版

 

ストリートスペックというと、純正タービンのブーストアップ仕様や比較的小さいサイズのアフタータービンを選ぶというイメージが強いが、このJZA80スープラ(前期型)はウエストゲート式のT88-33Dビッグタービンをチョイスしている。

 

ベースエンジンがRB26DETTだと高回転型のパワー特性になるが、これが2JZ-GTEだとまるで異なる。エンジンはカム交換のみにも関わらず、下からキッチリとブーストがかかって高回転までパワーが追従するため、乗りづらさを感じることはない。そこには、3.0Lという排気量やトルク型の設計など関係してくるが、このチューンドは620psものパワーを発揮しながらも、ごく普通に乗ることができてしまうのだ。まさにスープラならではのストリート仕様である。

 

 

車両のメイキングを担当したCS-TOPの片桐代表いわく「400馬力以上を狙える純正タービンのブーストアップも悪くはないけど、やはりタービンの耐久性が心配。シーケンシャルシステムを活かしたいならメタルブレードの輸出用タービンがオススメなんだけど、輸出用タービンはそのままじゃ装着できないので加工が必要です。だったら、3.0Lの2JZを活かして一気にビッグシングル仕様にステップアップするのも方法のひとつ。このクルマがまさにソレですね」とのこと。

 

 

この車両はビッグタービンを装着するにあたって、HKSのハイカム(IN/EX264度)とブリッツの高効率インタークーラーを導入。さらに、オイル関係でのトラブルは致命傷となるのでオイルクーラーでキッチリと油温管理も行なっている。

 

 

マフラーは好みなどもあるのでどれが1番というのは無いが、やはりこのクラスのパワーになると可能な限りストレート構造で抜けが確保されたモデルを選んでおきたい。このマシンはトラストのパワーエクストリームを装着していた。上流部にはもちろんスポーツキャタライザーを装備する合法仕様だ。

 

 

ブレーキはフロントがフェラーリF40用ブレンボキャリパーに355mmの2ピースローター、リヤが17インチ車の純正。ハイパワー化と同時にストッピングパワーの強化は必須だ。サスペンションはジールファンクション車高調を装着している。ホイールはボルクレーシングSFチャレンジで、タイヤにはSドライブ(F245/35-19 R275/30-19)を組み合わせる。

 

 

ストリートで不満なく走れるリーガル性と快適性を保持したまま、チューニング次第では世界中のどんなスポーツモデルにも負けないパフォーマンスを発揮する戦闘力。販売終了からすでに18年近くが経過した今もなお、スポーツカー好きのハートを捉え続けて離さない不変の魅力。このチューンドを見ているとつくづく感じてしまう。2019年で新型(GRスープラ)ヘとバトンタッチしたが、JZA80型の輝きが鈍ることはないということを。

 

●取材協力:CS-TOP 群馬県太田市新田金井町160-1 TEL:0276-57-1203

 

【関連リンク】

CS-TOP

http://www.cs-top.co.jp/