「インコネルにチタン・・・拘りすぎ&綺麗すぎのカプチーノ登場!」芸術的なエンジンルームは必見!

公開日 : 2019/12/22 05:30 最終更新日 : 2019/12/22 05:30


魅せるにも拘ったスーパーKチューンド!

 

軽自動車史上初!?のインコネル製EXマニを装備!

 

 

このカプチーノは、元々デザートイーグルのデモカーだった車両だ。現在のオーナーは動態保存するのではなく、積極的にアップデートを敢行。今でも進化を続けている、現在進化系のチューンドなのである。

 

 

F6Aエンジンは65φ鍛造ピストンで腰下を強化した上で、JUN加工カムシャフト(256度 4.6mmリフト)とIHIのRH31FWタービンをセット。最大ブースト1.1キロで、最高出力は120psを発揮する。ブースト次第ではさらなるパワーアップも可能だが、無理なくロングスパンで使える程度に抑えているのだ。

 

 

エンジンルームの美観もこの車両の大きな特徴だ。芸術的なオリジナル大容量サージタンクをはじめ、チタンを使ったタワーバーやオイルキャッチタンクなど、どれもため息が出るほどの美しさだ。パイピングまでチタン製というから恐れ入る。

 

 

特に自慢なのが、おそらく軽自動車ワールド初だというインコネル製の3-1EXマニ。加工技術は高いものが求められるが、軽く、強くという要求に応えてくれる。

 

 

エンジン制御はフルコンLINKのSTORMを採用。まだ仮装着のため配線がゴチャついているが、いずれエンジンルーム同様に美しくマウントされることになる。

 

 

フルコンの導入に合わせて組み込んだ、クランク角センサーやダイレクトイグニッション、バリアブルスロットルポジションセンサーなどは全てデザートイーグルのオリジナル製品。こうしたマニアックなパーツも得意としているのだ。

 

 

エキゾーストはメインパイプ60φのデザートイーグルスペシャル。素材はフルチタンで絞りのないフルストレート構造を採用している。

 

 

フロアトンネル下に装着されているブレースバーもチタン製。この部分の剛性アップは走行性能の向上に直結する。

 

 

足回りは、デザートイーグルマキシマムサスペンション(F8㎏/mm R6㎏/mm)を軸に構築。アームはスズキスポーツの調整式レーシングサスアームを投入し、セッティングの自由度をアップ。デフはクスコLSD(MZタイプRS)でファイナルは5.125。また、デフ&ミッションにはオイルクーラーも設置している。

 

 

室内に2脚設置されたレカロシートは、軽のタイトな室内にギリギリ収まるようにショルダー部をカット。乗降性を考慮し、ステアリングには跳ね上げ式のボスが装備されている。

 

 

ハイエンドマテリアルへの拘りとデザートイーグルの技術力が詰め込まれたスーパーKチューンド、見事としか言いようがない。

 

●取材協力:デザートイーグル 新潟県新潟市西区寺尾台2丁目8-4 TEL:025-260-1189

 

【関連リンク】

デザートイーグル

https://www.d-eagle.com/