「13Bロータリーで1万回転オーバーの世界を味わってみないか?」FD3S改ウェーバーキャブ仕様が面白すぎる! | web option(ウェブ オプション)

「13Bロータリーで1万回転オーバーの世界を味わってみないか?」FD3S改ウェーバーキャブ仕様が面白すぎる!

点火時期はF-CON Vプロ制御! 気難しさ一切ナシのNAロータリー!

 

ノーマルエンジンにウェーバー・ダウンドラフトIDAをドッキング!

 

FD3Sオーナーにとってのチューニングといえば、それはすなわちターボチューンを指す。当たり前だ、何しろなFD3Sは全車ターボ仕様。ブーストを上げるだけでもノーマルとは別物のパワーを手に入れることができる。しかも格安に、だ。

 

 

しかし、ロータリーの歴史を振り返ってみると、ファンの心をガッチリと掴んできたその魅力は自然吸気(NA)が築き上げたといっても過言ではない。古くは富士グラチャンで常勝ハコスカGT-Rの連勝記録にストップをかけたサバンナRX-3、その後はトヨタやポルシェの大排気量ターボ車に挑んだグループCカーがそれだ。ストレートを駆け抜ける超高回転型ロータリーの高周波サウンドに、多くのファンが胸を躍らせたのである。

 

そんなNAならではの魅力をFD3Sでも味わってほしいと老舗“アニバーサリー”が提案しているのが、ウェーバーキャブ仕様だ。

 

 

キャブレターはウェーバー製のダウンドラフトタイプIDA51(48φも用意されている)で、レーシングビート製のインテークマニホールドを介して装着される。と、ここまではベテランRE乗りには懐かしのメニューだが、点火をF-CON Vプロで綿密にマップ制御するのがアニバーサリーのキャブ仕様だ。

 

 

また、かつてはキャブ車といえばプラグのかぶりや季節に合わせたリセッティングが必要とされていたが、アニバーサリー独自のノウハウでそれらネガはほとんど解決。始動はプライマリーインジェクターを使いラクラク、アイドルアップも可能なのでエアコンも使用できる。つまり使い勝手はそのままに、キャブならではの圧倒的なレスポンスと魅惑の吸気サウンドが楽しめるわけだ。

 

もちろん、本来その楽しさを100%味わうためにはエンジン本体のメカチューニングが欠かせない。しかしアニバーサリーのFD3Sはあえてエンジン本体には手を加えていない。それはNA仕様のハードルを下げることで、ひとりでも多くの人にその楽しさを知ってもらいたいから。

 

 

最高出力は実測で195.7ps。大した馬力ではないが、レシプロエンジンではほとんど味わうことのできない1万回転オーバーの世界に飛び込める上、極めてシンプルなシステムはターボに比べてトラブル発生リスクも少ない。さらに、エンジンへの負担も少ないため長寿命で燃費面でも有利だったりする。

 

 

もしもパワーが不足だというのであれば、アニバーサリーでは追加で様々なパワーアップメニューを用意しているので、好みに応じていかようにもステップアップが可能だ。例えば、NOSウエットショットを組み込んでドーピングすれば50ps以上のエクストラパワーが簡単に手に入る。さらに、FC3S輸出用の高圧縮ローターを入れたペリ仕様ならNAでも300psオーバーが狙え、筑波サーキットではハイパワーターボ車たちを追いかけ回せるほどに化ける。

 

 

ちなみにアニバーサリーでは、仕様に合わせたタコメーターのスケール変更も受け付けている。超高回転型13Bの魅力を視覚からでも堪能できるというわけだ。

 

●取材協力:アニバーサリー 埼玉県所沢市城955-4 TEL:04-2946-0916

 

【関連リンク】

アニバーサリー

http://a-rf.com/