「老舗が提案するS2000後期(AP2)ベースのチューニングライフ」理にかなったエスニのイジり方!

公開日 : 2019/12/17 11:00 最終更新日 : 2019/12/17 11:00


RG-O渾身のAP2ニューコンセプトマシン!

 

S2000を存分に楽しむためのファーストアプローチを提案!

 

ホンダ×スポーツ走行の魅力を広く伝えるべく、デモカーで精力的な走り込みを重ねるRG-O。これまではAP1をベースとしたデモカーをサンプルとしてハンドリングマシンとしての魅力引き出しを図っていたが、今回披露してくれたのは導入されたばかりのAP2をベースとした新デモカーだ。

 

フットワークはもちろん、エンジンやボディに至るまでトータルバランスが整えられていたAP1から、新たなセットアップ開始となるマシンスイッチ。これまで培ってきたノウハウを注げばAP2もすぐに完成形と呼べるレベルに持ち込めるはずだが、現状はフットワーク中心に吸排気チューンを施したという比較的ライトなチューニングメニューに留めている。

 

 

代表の大住さんによると、その理由は、S2000購入を検討しているユーザーに向けてメッセージを発信するためだという。というのも、中古相場の高騰しているS2000では価格的に手頃なAP1を選ぶユーザーも多いのだが、コンディションが厳しくて走りを楽しむよりも先にリフレッシュへ追われてしまうケースが大半。

 

そこでRG-Oではコンディション良好な個体が多いAP2をベースに厳選したセットアップメニューを加え、コストパフォーマンスに優れた魅力引き出す。多くの人にオススメできるAP2でのファーストアプローチをデモカーで提案しているわけだ。

 

 

2.2L化で低中速トルクが強化されているF22Cは高回転が多用されていないため、走行距離が多少伸びていてもコンディションは比較的良好だ。そうした素性良さも踏まえて、RG-Oではエンジン本体には一切手を加えず、吸排気とECUマネージメントの最適化のみでポテンシャルアップを図っている。

 

 

F20C、F22Cともに潜在ポテンシャル引き出しのカギを握るのはEXマニだ。低中速トルクと高回転の伸びを両立させるためにRG-Oが開発したのは、45φ→57φとする4-1形状の完全等長仕様。ベンダーでの曲げで生じるパイプ潰れを嫌った手曲げ&ダミーヘッドを使用してのフランジ溶接といったこだわりを注入し、痛快なVTECサウンドとともに気持ち良く吹け上がるエンジンフィールへ導いている。

 

 

バンパー焼けやスタイリングに配慮したプチドルフィンテールを与えるオリジナルエキゾーストVer2.2。60φ→48.6φWとなる左右出し仕様だが、エンジンチューンやアタック走行で要求される排気効率を満たすべく60φ→50.8φWのモデルも新たに追加されている。

 

 

サスペンションは、空力に頼らずトラクション性能を引き出すことを最重要視して仕上げたエナペタルベースでのオリジナルサスペンションキット。デモカーで収集したセットアップデータをそのままフィードバックするのではなく、走行ステージやチューニング内容、ユーザーのドライビングスキルまで踏まえて1セットずつ作り込んでいくフルオーダーアイテムだ。

 

 

走りの安定感を左右するブレーキパッドは、コントロール性と前後バランスへこだわって多彩なマッチングを精力的にテスト。特性を見極めるために全18種類ものブレーキパッドからステージやドライビングスタイルへ応じた最適化を図っていく。

 

 

車検対応の1400mm幅ながらリヤの安定感を高めるGTウイングは、ストリートでのスタイリングに配慮して小ぶりな翼端板を採用。タイプS純正トランク用マウントが用意されているので、タイプSならば無加工で装着することが可能だ。

 

 

高いコーナリングスピードでも安定したドライビングが可能なフルバケットシートや安全性に配慮したロールケージを装着しているが、ストリートからサーキットまでターゲットステージを絞り込まない1台がコンセプト。こうしたアイテムチョイスもS2000を知り尽くしての必要最小限だ。

 

 

取材時のホイールは軽さと剛性がバランスされるTE37 SAGAを履いていたが、よりS2000に最適化されたスペックを持つRG-Oオリジナルバージョンを近日デリバリー予定とのこと。気になる方は、同社HPをチェックしていただきたい。

 

 

「150〜200万円前後で相場推移しているAP1ですが、購入後にリフレッシュへ追われるケースは非常に多い。それなら250〜300万円前後で相場推移しているAP2のほうがコンディションも良く、少ない手数で質の高い走りを楽しめます。これからS2000で走りを楽しもうと考えている方にとってのお手本になるべく、コストパフォーマンス仕様を目指しました」とは、RG-O大住代表。

 

コンディションの低下したAP1でリフレッシュチューンを数多く手がけてきたからこそ、新たに提案されたAP2でのスタートダッシュチューン。AP1、AP2ともにS2000の魅力引き出し術を知り尽くすRG-Oなら、すでにS2000を所有しているユーザーもこれから車両購入を考えるユーザーも、安心して痛快ハンドリングが楽しめる1台を作るサポートをしてくれるのだ。

 

SPECIFICATIONS

■エンジン&ドライブトレイン:無限エアクリーナー、RG-O手曲げスポーツエキゾーストマニホールドVer.2、RG-Oマフラー、RG-O現車合わせECUセッティング、OS技研LSD ■サスペンション:RG-Oスポーツサスキット(ベステックススプリング F18kg/mm R20kg/mm)■ホイール:FボルクレーシングTE37SAGA(8.5J-17 +52) RボルクレーシングZE40(9.5J-17+63) ■タイヤ:ヨコハマアドバンA052(F245/40-17 R255/40-17) ■インテリア:MOMOハンドル ブリッドプロフェイス シュロス4点式シートベルト■エクステリア:RG-O GTウイング

 

●取材協力:RG-O(レーシングガレージ大住) 京都市北区大宮西山の前町7-2 TEL:075-491-6719

 

【関連リンク】

RG-O

https://rg-o.com