「“ドラえもん”的思考で86&BRZ用アイディアパーツを生み出し続けるチューナー」YRアドバンスのオリジナル製品群にズームイン!

公開日 : 2019/12/14 05:30 最終更新日 : 2019/12/14 05:30

「こんなこといいな、できたらいいな」がキーワード!

 

ユーザー目線で開発したオリジナルパーツ群に注目!

 

元々はミツビシ車を得意とするチューニングショップとしてその名を広めたYRアドバンスだが、そのノウハウを武器に新たなチューンターゲットとして選んだのがスバルBRZ。2012年のデビューと同時にデモ車を導入してパーツ開発をスタートし、ここで紹介する限定車GTイエローバージョンは、2代目のデモ車として導入されたものだ。

 

 

マシンコンセプトは、BRZ(86)カスタムの大多数となるライトチューンレベルで楽しさを追求する。FRスポーツらしいハンドリングの実現と、扱い切れるパワーの両立を目指しているとのこと。エクステリアはバリスのエアロパーツで武装、灯火類はヴァレンティのジュエルLEDを奢る。

 

 

エンジンルームはアルミ製のサクションキットとシリコン製サウンドクリエーターホース(セットで2万4000円)の他、ラジエターホース(2万5000円)もレッドに変更。オーバルシャフトを採用したタワーバーは1万8000円だ。

 

 

エアクリーナーフィルター後方とスロットル前にセットすることで、マフラー交換並のパワーアップを体感できるというエアクリパワーネット。装着はとても簡単で価格は5万5000円となっている。

 

 

ブレーキはVAB用のブレンボキャリパーを流用。ストッピングパワーの強化はもちろんのこと、ボディカラーともマッチしたオシャレな選択だ。

 

 

ホイールはボルクレーシングTE37SAGA TTAで、YRアドバンス特注のオリジナルサイズをセット。9.0J×18+44というスペックとなっており、残りはあと4台分のみとのこと。価格は26万6400円だ。

 

 

室内では、純正のエアコンダイヤルに被せるだけでドレスアップが図れるエアコンダイアルカバーが人気だ。アルミ製アルマイト(ブルー、レッド各1万円)の他、アルミ製のカーボン調(1万5000円)もスタンバイ。

 

 

一般的な60φサイズの追加メーターをすっきりとピラーに装着できる、Aピラーカーボンメーターフード(1万5000円)。同価格でマットブラックタイプもラインナップする。

 

 

ブランクのスイッチパネルを生かしてシフトパターンを表示する“光るシフトパターン”はYRアドバンスの超人気アイテム。現在の主流は文字サイズを拡大した“Ver2”で、LEDカラーはブルー以外にレッドも用意(1万円)されている。

 

 

純正と同じように手軽に装着できる牽引フックはフロント/リヤ共通で価格は1万2000円。フックの色は純正ボディカラー7色に加え、チェリーレッドも追加された。

 

 

人気の汎用ナンバーフレームはフロントだけでなく、ナンバーの封印を外さずにリヤにも装着可能。アクセントストライプはシルバー、レッド、ブルーの他にチェリーレッドも用意されている。価格も2400円とお手軽だ。

 

 

「ユーザー目線というより、自分自身が欲しいものをラインナップしている感じですよ。以前はインテリア&エクステリアの小物が中心でしたが、最近では装着するだけで手軽にパワーアップできるエアクリパワーネットという新製品も人気です」という山下代表。

 

 

大メーカーとは違って小回りの効くパーツ製作体制を生かして、ユーザーの声を素早く反映できることこそYRアドバンスの特徴。今後も“こんなこといいな、できたらいいな”のドラえもん的思考でパーツラインナップを充実させていくというから、期待せずにはいられない。

 

●取材協力:YRアドバンス 東京都日野市旭が丘3-3-19 TEL:042-581-7135

 

【関連リンク】

YRアドバイス

http://www.yr-advance.com/