「660ccで200馬力の大台達成!」S660の究極チューンド爆誕! | web option(ウェブ オプション)

「660ccで200馬力の大台達成!」S660の究極チューンド爆誕!

トップフューエルがS07Aエンジンの限界に挑んだ!

 

ハイスペックメニューを東京オートサロンで発表か!

 

軽自動車と言えば、業界自主規制の64psを頂点にしたラインナップとなっているのはご存知の通り。しかしこの64psという数字、現在の技術ではいとも簡単に出力できるため、自動車メーカーは64psに合わせて、効率化・合理化したエンジン開発をするようになってきている。そのため、エンジン各部の強度に大きな余裕がなく、パワーチューンの限界は過去に比べて低くなっているというのが一般的な見方だ。

 

コンパクトスポーツとして人気が高いS660も同様で、100ps前後がストリートチューンのひとつの指針とされてきた。エンジン本体がノーマルで安全率が保てるポイントというわけだ。

 

 

しかし、いかにボディが軽くコンパクトな軽自動車とはいえ、チューニングファンにとって100psではちょっと物足りないもの。事実、エンジン本体に手を入れてでも高出力を狙いたいというS660オーナーの声は少なくなかった。そうしたユーザーニーズに対応するべく、200psをターゲットパワーに定めてS660のS07Aエンジンチューンを進めてきたのが、ホンダチューンのマイスターとして知られるトップフューエルだ。

 

 

エンジン内部の加工や腰下パーツの開発、タービンの選定…などなど、トライ&トライを繰り返しながら出力を徐々にアップ。途中段階の160ps仕様では純正コンロッドが破損するトラブルにも見舞われた。

 

 

最終的に、腰下を強化した上で軽自動車としてはかなり大型の試作タービンをインストール。シリンダー径が小さくノッキングの起こりにくい軽自動車用エンジンのメリットを活かし、最大ブースト圧2.4キロをかけて目標である200psに到達したのである。

 

 

「200psをようやくクリアできました。苦労のひとつは、お客さんが導入しやすいよう、リーズナブルなフラッシュエディターを使って制御した部分ですね。また、コンロッドは外国で作られたものなどいくつか試してみたのですが、どれも重く振動が大きかったので、国内のF1技術を採り入れた軽量I断面タイプをオリジナルで製作することとなりました。ちょっと高いのですが…本当に良い製品ですよ!」とはトップフューエル森本さん。

 

 

なお、この開発で誕生した腰下の主要強化パーツやヘッド加工は、トップフューエルからすでに製品化されている。

 

 

まず、根幹をなす鍛造ピストンキット(12万円)&強化・軽量コンロッドセット(38万円)。ピストンは純正ボアの高強度設計。フルフロー対応(要コンロッド小端穴加工)で、表面にはWPC加工が施された逸品だ。コンロッドはSNCM総削り出しのI断面で、小端部はフルフロー仕様(ベリリウムブッシュ)。コンロッドボルトは8mmにサイズアップしている。これにより、200psを許容するスペックを作り出したのだ。

 

 

燃焼室マシニング加工ヘッド(13万2000円)も見逃せない。スキッシュを削ったフルサークル形状にすると同時に、容積を約1.56cc拡大。ハイブースト対応の高効率燃焼室をマシニングで作るメニューだ。大型タービンの性能を引き出すには不可欠なメニューとなるだろう。

 

 

その他、水冷式のインタークーラーも試作品が完成。ケーシングはドライカーボン化も検討しているとのことだ。

 

 

なお、今回テストした200ps仕様はかなり高回転型の特性となるため、ユーザーにそのまま提供することは難しいというのがトップフューエルの見解。そこで現在、タービンをハイフロー化して低速からブーストがかかりやすいスペックを開発中だ。また、上を目指すユーザーに対しては、この仕様がうまく使えるギヤ比のファイナルが作れないか?なども検討課題にしていきたいとのこと。

 

東京オートサロン2020では、200ps仕様のメニューやエンジンパーツなどS660パワーチューニングの最新情報を発表するというから、パワー志向のS660ユーザーの方々は楽しみにしていただきたい。

 

●取材協力:トップフューエル 三重県松阪市中道町500-1 TEL:0598-56-5880

 

【関連リンク】

トップフューエル

http://www.topfuel.info