「86&BRZが集まるドリフト練習会に潜入!」FRスポーツの魅力を広場のパイロンコースで存分に味わう!

公開日 : 2019/12/11 11:00 最終更新日 : 2019/12/11 11:00


広場で基礎からコースデビューまで徹底サポート!

 

ノーティーベアーの定期練習会は2020年も開催予定

 

86&BRZ乗りたちの間で人気が高まっている走行会が、奥伊吹スキー場の駐車場広場で定期開催されているドリフト練習会だ。主催は足回りチューンを得意とするノーティーベアー。

 

いきなりのサーキットデビューでは、クルマの限界もドリフトのやり方も詳しくないままクラッシュして修理費用がウン十万円…というのもよく聞く話。このように広場を使えば、クルマにダメージのないパイロンを配置して自由にコース設定ができるため、コースデビュー前の基礎練習には打って付けなのだ。

 

 

少人数制で参加者は15人ほど。ドリフト練習会では珍しく参加者の9割が86/BRZ(しかも全てNA)という環境で、参加者の年齢も20代から親子連れの50代と幅広い。ドリフトを始めようと思ったきっかけが「せっかく86/BRZを買ったので街乗り以外の楽しみが欲しい」という声がほとんどだったのが印象的だった。

 

 

メニューは主に午前と午後でレベルを変えて、午前はリヤタイヤを滑らせる感覚を覚える定常円旋回と、クルマを横に向けた状態でブレーキによる速度調整のやり方を覚える車庫入れドリフトがメイン。午後はサーキットのワンコーナーを再現した1速進入のコースを作り、午前の基礎を活かして進入から出口までのアクセルやステアリング操作の一連の流れを経験できる仕組みだ。また、午後の間も広場の一部に定常円スペースを残していたので、徹底的に基礎を練習したい人にもおすすめ。

 

 

ここでもノーティベアー熊崎さんが講師となり、ドリフト初体験の方からコースデビューまであと一歩の初心者までを手とり足取りレッスン。熊崎さんはこういった練習会に限らず、講師としてYZサーキットのドリフト練習会にも呼ばれるほど。今年からドリフトをスタートし、ノーティベアーの練習会に1年を通して参加してきたという人の走りを見ると、もうコースに出ても全く問題なさそうなほどの上達が見られた。早速参加者をチェックしていこう!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レート変更でドリフト適正アップ!

 

 

86(ZN6) 2012年式

星野さん(37才)/愛知県在住

主なチューニング:オーリンズ車高調(F9kg/mm R12kg/mm)/ハイキャスターマウント/アイコンセプトタイロッド/オイルクーラー

 

 

グリップからの転向組。ドリフトに興味を持ってシルビアと悩んだが、現行モデルなのと熊崎さんも乗っていて調子が良さそうなのを理由に86をセレクト。車高調を吊るしのF9kg/mm、R7kg/mmだったバネレートから、オススメされたリヤ強めのレートに変更したことで断然ドリフトしやすさがアップ。コースデビュー目指して練習中だ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新車の86でドリフト復帰!

 

 

86(ZN6) 2019年式

森島さん(50才)/愛知県在住

主なチューニング:ノーティーベアーオリジナル車高調(F9kg/mm R12kg/mm)/ハイキャスターマウント/アイコンセプトタイロッド/GPスポーツトラクションメンバーカラー

 

 

30年近く前にはロードスターで山を攻めるほどだったが、しばらく引退。久々に乗るスポーツカーとしてドリフトも視野に86を選んだ。ノーティーベアーの3点セットを装着し、「これでも十分楽しめる」と太鼓判。昔と比べてタイヤ1本の価格が数千円と格段に安くなっているところもドリフトを始めやすかった点のひとつと話していた。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ノーマルのままでチャレンジ中!

 

 

86(ZN6) 2018年式

TERUさん(52才)/愛知県在住

主なチューニング:クスコLSD/トラストオイルクーラー

 

 

モトクロスで刺激を味わう日々からクラッシュをきっかけにドリフトに転向、86もそのために購入した。本日5回目の参加で、「素の86を味わってから、改造した時の感動を味わいたい」と足回りはノーマルのままチャレンジしている日々だ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

100台限定バージョンで参加!

 

 

BRZ(ZC6) 2017年式

蔵前さん(48才)/岐阜県在住

主なチューニング:ノーティーベアーオリジナル車高調(F9kg/mm R12kg/mm)/ハイキャスターマウント/アイコンセプトタイロッド/GPスポーツトラクションメンバーカラー

 

 

限定100台のクールグレーカーキエディションに当選し、ノーティーベアのブログを見てドリフトに興味が沸いて2019年4月から練習会に参加。最初はフルバケのみからスタート、車高調から徐々にステップアップして先日メンバーカラーとタイロッド入れたところ絶好調とのことだ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親子揃って練習会に参加!

 

 

86(ZN6) 2012年式

畑佐さん(21才)/岐阜県在住

主なチューニング:HKSハイパーマックス車高調(F9kg/mm R12kg/mm)/トラストオイルクーラー

 

 

普段はこのクルマで53才の父親がエントリーしているが、今日は21才の息子さんが練習会にチャレンジ。昨年子供と一緒に楽しめればと思って購入した86で、今年恐る恐る練習会に参加したところ年令の近い参加者も多くて気楽に楽しめているそう。現在はHKS車高調のレート変更というお手軽ドリフト仕様だ。

 

 

リヤタイヤの消耗が激しいドリフトはレベルが上がるに連れスペアタイヤの用意が必須に。トランクスルーが大きい86/BRZなら21545-17を4本積んでリヤシートに工具を載せるスペースがあるのも利点だ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドレスアップからドリフトへ転向!

 

 

86(ZN6) 2013年式

くりぴいさん(51才)/岐阜県在住

主なチューニング:HKSハイパーマックスSP車高調・スウィフトスプリング(F10kg/mm R12kg/mm)/ゼグラスナックル/後期インマニ

 

 

バリバリのドレスアップ系派だったということもあって、最もチューニング度が高かった1台。今年の練習会からドリフトを始めた初心者だが、すでにタイヤは20本使い切るほど熱中。ワイドボディの利点を活かして、今後はガレージクリア製切れ角アップナックルと延長ロアアームを導入予定。より本格的に上達できるよう来年へ向けた準備を早くもスタートしていた。

 

 

VSCのキャンセルは熊崎さんおすすめのオートプロデュースボス製。ヒューズカットなどでABSを完全オフにすると、前後のブレーキバランスが狂うこともあるそうだ。こちらはそのままでOKとのこと。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

息子の86を借りて休日ドリフト!

 

 

86(ZN6) 2014年式

瀧さん(54才)/愛知県在住

主なチューニング:RG車高調・ラナスプリング/トラストオイルクーラー

 

 

なんと息子さん所有の86を借りて練習会に参加しているという瀧さん。練習会への参加は2回目で、チューニングはジムカーナ走行会へ参加する息子さんのセット。スピンしやすい原因にタイヤ扁平の関係で車高がリヤ下がりなところを熊崎さんから指摘され、今後はセッティングでドリフトしやすい方向へ更新していく予定だ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ノーティベアー車高調で動きが激変!

 

 

BRZ(ZC6) 2012年式

川合さん(36才)/愛知県在住

主なチューニング:ノーティーベアーオリジナル車高調(F9kg/mm R12kg/mm)/アイコンセプトタイロッド

 

 

新車で購入後2013年にはドリフトを始めたそうだけど、その時はドリフト用セッティングもできていなかったのでかなり苦戦。ところが2018年冬にノーティーベアーの車高調を付けたところ、「今までやりたくてもできなかったことが全部できるようになった」とテクニックも上達。今は地元の三河サーキットをしっかり走れるように練習だ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千葉県から遠征で参加!

 

 

86(ZN6) 2013年式

後藤さん(25才)/千葉県在住

主なチューニング:ノーティーベアーオリジナル車高調(F9kg/mm R12kg/mm)/ハイキャスターマウント/アイコンセプトタイロッド/GPスポーツトラクションメンバーカラー/ブリッドビオスIII

 

 

わざわざ千葉から遠征してきている理由は、他の練習会だと自分だけの場合が多い86/BRZの参加者が多くいるから。昨年からドリフトを始め、ノーティーベアーの推奨セットを装着してからはこれが初。ノーマル状態のドリフト中にリヤが流れてスピンという傾向がなくなり、格段にやりやすくなったのを実感。来年も練習会に参加できればという考えだ。

 

●取材協力:ノーティーベアー 岐阜県羽島郡岐南町平成3丁目147 TEL:058-248-1033

 

【関連リンク】

ノーティーベアー

https://ameblo.jp/naughty-bear/