「NAでもターボでも楽しめる純血スポーツ“Z32”の魅力を再検証」的確な機関リフレッシュでZの輝きを保つ!

バブルが生んだ貴婦人は機関リフレッシュ“プラスα”が正攻法

 

秘めたポテンシャルはGT-R以上か!?

 

意外かもしれないが、レヴォルフェS.A.で面倒を見ているZ32には、ターボ仕様のみならずノンターボ仕様も存在する。割合的にはターボが8割:NAが2割ということだが、ここで紹介する2by2モデルの方、アイスブルーメタリックでオールペンされたZ32は、まさに後者をベースに製作されたチューンドだ。

 

「NA好きのZ32ユーザーって結構多いんです。VG30DEは良く出来てますからね。最近ではオーバーホールと同時にメカチューンをする、なんて機会も増えてきましたよ」とは、レヴォルフェ溝田代表。

 

 

その例に漏れず、このZ32もエンジンオーバーホールついでに、純正0.5mmオーバーサイズピストンを導入した上、ポート研磨をはじめとするソフトなヘッドチューンを敢行。そこに高効率のEXマニを中心にした排気チューン&軽量フライホイールを合わせこんで、レスポンス重視の快感ユニットへと昇華させている。

 

「パワーは250ps前後ですが、これでもかなり面白い仕様になります。アクセルを踏み込んだ瞬間の感覚や、高回転まで回した時のサウンドなどは、ある意味VQ35DEより良い感じですもん」。

 

 

48φのEXマニと70φFパイプはどちらもレヴォルフェのオリジナル品(ワンオフモデル)。触媒は純正を残し、エンドマフラーにはヴェイルサイド製ターボ用(メイン75φ→テール100φ)が奢られている。V6とは思えないほど甲高いエキゾーストサウンドは、まさに快感の一言だ。

 

 

フロントのブレーキキャリパー&ローターはAPレーシング製のキットで容量アップが図られ、リヤもBNR32純正ローターへと変更されている。サスはテインのフレックス(F10kg/mm R8lg/mm)だ。

 

 

ドレスアップが映えるのもZ32の魅力。このマシンは、プロジェクトM製フロントリップにエアロパレス製サイドステップ、ミッション製リヤスポにグローバル製リヤフェンダー、そしてアブフラッグ製ディフューザーと、完全なエアロミック仕様となる。

 

 

一方、もう1台の2シーターモデルはレヴォルフェ比率8割に属するターボ仕様だ。本格チューニングはこれからという発展途上段階のマシンだが、劣化が著しいバキュームホースなどは新品パーツへと交換され、簡易リフレッシュが敢行されている。

 

「チューニングを行う前に、初期モノならホースやセンサー類は要交換。あと、ターボモデルはクランクシールおよびタービンシールからのオイル漏れや、バルブのステムシールの硬化によるオイル下がりを起こしている個体が多いので、それ相応の対策が必要です」。

 

そのような前処置を行った先にある、レヴォルフェ流のオススメVG30DETTチューンは、GT2530もしくはTD04Hを使用したポン付けターボ仕様だ。出力的には、エンジン本体の状態にもよるがブースト1.1キロ程度で430ps前後がターゲットとなる。

 

 

美しくインストールされたデフィBFメーター(水温&油温)。溝田代表いわく「Z32は温度管理が重要です。エンジンルーム内がキツキツで熱の逃げ場がないので、ノーマルでも渋滞にはまると水温&油温がイッキに上昇しますからね」とのこと。

 

 

サスはビルシュタインベースのレヴォルフェオリジナル車高調(F12kg/mm R8kg/mm)を導入。また、ガタが出やすくサスチューンの足かせとなりやすいハイキャスは、東名パワードのロッドを使用してキャンセルしている。

 

 

フロント同様、リヤストラット間にも超極太のボーダー製タワーバー(廃盤モデル)をセット。ハッチバックのZ32はリヤの剛性が低いため、この手のパーツは必須といえる。

 

「各機関のコンディションさえ保たれていれば、パワーアップは簡単です。450psまでなら本体ノーマルのままイケますからね。最高速勝負ならGT-Rにも負けませんよ」。そう生粋の最高速ジャンキーである溝田代表が語るように、空力に優れるZ32はブーストアップで280キロ、やり方次第ではオーバー320キロも狙えるほどの実力者だ。

 

当時、乗用車ベースのスポーティカーしか存在しなかった国内市場に、堂々と“スポーツカー”をうたって登場したZ32。そのはいまだ現役なのである。

 

●取材協力:レヴォルフェエスアー 神奈川県横浜市都筑区池辺町3960 TEL:045-929-6087

 

【関連リンク】

レヴォルフェS.A.

http://www.revolfe.com/