「欲張りすぎるトヨタ86ドリグリ仕様!」クールレーシング代表のプライベートマシン登場!

ドリフトからサーキットまでシャコタンで攻める!

 

カスタムだけでは終わらないKUHLの86メイク

 

クールレーシングといえば、東京オートサロンで最優秀賞を連続獲得することでも知られるカスタム界のビッグネーム。また、オリジナルのエアロパーツやコンプリートカーの販売などを手がけることから、サーキットユーザーよりもストリートユーザーに馴染み深いブランドだ。そんなクールレーシングの片岡代表のプライベートカーにして、ドリフトマシンとして仕上げられているのがこの86。

 

 

スタイリングに関しては、大人気の86 01R-GTWボディキットを装着。奥行き感を持たせることでボディに陰影を作り出すのはクールレーシングのエアロ共通のデザインコンセプト。サイドステップは塗り分けによって立体感を強調しながら引き締まったボディを作り上げる。

 

 

ディープなホイールを収めるワイドフェンダーはカスタムムードを高める一押しパーツ。本来はビス留めとなるリヤフェンダーは、パテ埋めされることでボディとの一体感を高めている。

 

 

リヤディフューザーやスワンネックGTウイングも、クールレーシングらしいマッシヴイメージを強調するアイテム。デザインはもちろん性能面も追求したマフラーは、クールレーシングオリジナルの車検対応モデルだ。

 

 

カラーリングはローハンの手によるキャンディペイントを纏い、グラインダータトゥなどのカスタムワークも施される。元々がオートサロン出展車両というから、そのクオリティはさすがの一言だ。

 

 

各地のイベントでドリフトを披露しているだけあって、各部の補強パーツとともにロールケージもクスコ製をセット。単なるカスタムカーとはひと味違った雰囲気を作り出している。

 

 

もちろん単なるショーカーではドリフトマシンとして成立しない。そのためクールレーシングでセットアップが行われたパワートレインは、ブリッツ製のターボチャージャーを搭載しながら、オリジナルの排気システムに合わせたセッティングまで行っている。

 

 

足回りは、当初は車高調を使用していたが、エアサスの信頼性が高まったことでエアフォースのユニットを装着。ホイールはVERZ KCV02ディープコンケイブ(10J×19)で、タイヤはアゼニスFK510(F225/35R19 R235/35R19)を履く。

 

 

ドライブトレインはクスコのメタルクラッチや2WAYタイプのLSDをセットし、パフォーマンスアップを図っているのも特徴のひとつ。また、ドリフトマシンとしてのセッティングは、アーム類の変更からキレ角アップタイロッドなどハンドリング面にも手が及んでいることは言うまでもないだろう。

 

 

クールレーシングというとボディカスタムの印象が強いものの、実は多彩なスキルを持ち合わせるスタッフが在籍しているため、様々なオーダーに対応している。チューニングに関してもボディメイクやカスタムペイントと同様に、コンプリートカーにプラスするカスタムメニューとして提供できる万全の体制を整えている。

 

 

スタイリングもパフォーマンスも、さらに上を目指した86を目指す人にとって、この86はまさしく理想の1台と言えるはず。もちろんドリフトマシンだけでなく、ストリートカーをもっと楽しみたいとか、サーキットを楽しみたいといったニーズにも快く対応してくれるため、まずは相談してみることをお勧めする。

 

●取材協力:クールレーシング 愛知県名古屋市緑区大根山2-503 TEL:052-693-9805

 

【関連リンク】

クールレーシング

http://www.kuhl-racing.com