「スバル車オーナー必見!」トップチューナー直伝“間違いのないEJ20チューニングのファーストステップ”

注目すべきは吸気温度と一次背圧!

 

ブラックラインの考えるEJチューンの第一歩

 

ドラッグレースへの思いが強く、パワーチューナーというイメージが強い埼玉県の“ブラックライン”。しかし、だからといって全てがフルチューンかと言うとそうではなく、代表の鈴木さんも無理なチューニングをお客さんに勧めることはない。

 

 

「長く楽しむには、経済的な余裕をもってチューニングをすることも大切ですし、ギリギリのチューニングをして壊れたら誰だって嫌になっちゃますからね」とは鈴木さん。

 

 

今回紹介するのは、そんなブラックラインがスバル車ユーザーに対し、EJ20チューンの第一歩としてお勧めしたいという吸気系の安定化を目指したチューニング法だ。というのも、EJエンジン搭載車はエンジンルームの熱ごもりが激しく、吸気温の上昇が性能をスポイルする大きな要因になっているからだ。

 

 

「イメージで言うと、ノーマルの吸気だとセッティングで高速道路に乗ってすぐに熱ダレがはじまり、フィールが落ちてしまいます。燃料も入っていかなくなるし点火も遅れていく。しかし、フレッシュエアを積極的にクリーナーに引き込むことで次のインターチェンジまで持つようになり、さらにインタークーラーを前置きにすれば数十分走り続けても熱ダレしなくなる感じです」とは鈴木さん。

 

セッティングによって燃料の入り方や最適な点火時期が変化していく様を見ていると、熱ダレの状況が良く分かるということだ。だからこそ、シッカリと吸気系の対策をして濃いめの燃調と早めの点火次期でセットアップすれば、スッキリとしたフィールのエンジンに仕上げることが可能なのである。

 

 

このクルマはその経験を踏まえ、エアクリーナーはブラックラインの手により、フレッシュエアを導入するオリジナルのインダクションボックスと、GT-Rサイズの3層インタークーラーを前置き配置。純正と同じ上置きマウントで大型インタークーラーを装備するパターンもよく見るが、エンジン内がギッシリで熱ごもりする要因を増やすことになるため、高負荷走行が続くようなシーンでは効果はあまり高くないとのこと。

 

 

エンジン制御はF-CON Vプロを採用。フルコンの選択肢は多くなっているが、ブラックラインでは特殊な性能や機能を求めないかぎり、Vプロを推奨しているという。これはサポート体制がシッカリしていることが大きい。

 

 

ちなみに取材車両は、2代目インプレッサのスポーツワゴンSTi(GGB)、生産台数約800台という希少モデルだ。リップスポイラーはトラスト製、インタークーラーをフロントに移設しているためボンネットのダクトはキャンセルされている。

 

なお、ここからのステップアップとしてブラックラインが推奨するのは、ウエストゲートの装着だ。これは、タービンサイズを大きくするという意味ではなく、一次背圧を下げてエンジンに入った空気がスッキリ抜ける(=フン詰まらない)ようにすることが目的のチューニング。

 

極端な話、アクチュエーター式のノーマルタービンにウエストゲートを組み合わせるだけでもフィールは大きく向上する。ちなみに、EJエンジンはEXマニの構造上、純正を加工してウエストゲートを取り付ける改造も比較的容易とのこと。

 

 

背圧の上昇もフィールの悪化の大きな要因で、しかもノッキングの原因となり結果としてエンジンの負担を増やしてしまう。ブラックライン流のEJチューン入門編、興味のあるオーナーは問い合わせてみてはいかがだろうか。

 

●問い合わせ:ブラックライン 埼玉県川越市下広谷690-1 TEL:049-239-6667

 

【関連リンク】

ブラックライン

http://www.blackline-racing.com