「アイルトン・セナ最後のF1優勝マシン“マクラーレンMP4/8”をその手に・・・」ミニチュアカー計画始動!【GP Car Story】

公開日 : 2019/12/05 15:00 最終更新日 : 2019/12/05 15:00


実行確約型クラウドファンディングを実施! 企画販売はメイクアップが担当!

 

『GP Car Story』創刊30号記念プロデュース企画

 

伝説的なF1ドライバーであるアイルトン・セナが1993年にドライブしたマクラーレンMP4/8を43分の1スケールのミニチュアカーで完全再現! 『GP Car Story』の特色である表紙イメージとミニチュアカーを同時に楽しめる特別企画として『GP Car Story』編集長が責任監修。 ディティールだけでなくロゴやカラーリングなど当時の名F1マシンを“完全版”としてプロデュースする。 

 

 

生産は、精密ミニチュアモデルメーカーとして知られるメイクアップが担当。 同社のモデルはフォルムのデフォルメを最小限に抑え、 スケールに忠実なクオリティに定評がある。今回のモデルは『GP Car Story』創刊30号と連動し、 アイルトン・セナが最後にF1優勝を飾ったマクラーレンMP4/8。 それも日本人に最も思い出深い日本GP仕様となる。 

 

 

クラウドファンディングの募集は「モノコトメーカーズ」にて12月2日(月)からスタート。 価格は4万5000円(税込)だが、 創刊30号を記念しアイルトン・セナのF1通算41勝と、カーナンバー8にちなみ、特別価格4万1800円(税込/Aコース)で販売する。 こちらは先着50個となる。 

 

 

この他にマクラーレンMP4/8の贅沢な楽しみ方として、 アイルトン・セナがドライブした前期型仕様(モナコGP)、 後期型仕様(日本GP)のそれぞれを愛でることができる究極の2台セットも用意。 提供価格は8万5000円(税込/Bコース)。 

 

 

また、マクラーレンMP4/8を駆った3人のドライバーにスポットライトを当てたフルコンプリートセットは12万5000円(税込/Cコース)となる。 ドライバーごとに仕様が異なる3台を同じ空間に展示。 マシンそれぞれの個性とその違いを感じてほしい。 実車では実現が難しいミニチュアカーならではの特別な組み合わせだ。 

 

 

各製品には特典として非売品の『GP Car Story』ロゴステッカー、 および誌面をイメージしたクリアファイル、 また表紙をイメージしたポストカードが付いてくる。 

 

 

詳しくは「モノコトメーカーズ」で開催中のクラウドファンディングで確認できる。 

 

『GP Car Story』創刊30号を記念特別企画ミニチュアカーMP4/8完全版 

「モノコトメーカーズ」にてクラウドファンディングを実施中!

開催期間:2019年12月2日(月)12:00 ~ 2020年1月14日(火)10:00

URL: https://crowdfunding.sun-a.com/projects/gpcs30 

Aコース:税込4万1800円(先着50個)/税込4万5000円

Bコース:税込8万5000円

Cコース:税込12万5000円

 

【関連リンク】

「クラウドファンディング」ページ

 https://crowdfunding.sun-a.com/projects/gpcs30