「鮮やかなボディカラーとワイドフォルムで魅せるRX-8」心臓部はNAチューン最高峰のWブリッジポート仕様! | web option(ウェブ オプション)

「鮮やかなボディカラーとワイドフォルムで魅せるRX-8」心臓部はNAチューン最高峰のWブリッジポート仕様!

心臓部は独自のWブリッジポート仕様でNAロータリーらしさを追求

 

オリジナルワイドフェンダーで305幅タイヤを飲み込む!

 

鮮やかなオレンジのボディカラーが眩しいこのRX-8は、京都の実力派チューナー“オートクラフト”が、サーキット走行を好むユーザーの指針となるようなスペックを目指して開発したチューンドだ。

 

 

心臓部の13B-MSPは、燃費やトルクを確保しながら、トップエンドでの伸びと出力が狙える仕様として、セカンダリーとオグジュアリーにブリッジポートを追加するWブリッジ加工というアプローチを選択。レブリミットは9500rpmに設定され、9000rpm付近でもパワーが追従する高回転仕様だ。

 

 

しかし、これほどにまで高回転化と高出力化が進むと、安定性を高めるためのタイヤ幅拡大やワイドトレッド化が不可欠となる。RX-8のチューニングシーンでは265サイズの装着がポピュラーになっているが、オートクラフトではヒートアップするハードチューンのニーズに応えるため、さらなるワイド化の可能性を模索。

 

そこで、定番の265/35-18と外径が近く、なおかつ大幅なワイド化が図れるリヤサイズとして注目したのが305/30-18。295幅でも良かったが、オートクラフトがサーキット走行時に好むクムホ・エクスタV700に設定がないこともあって、305幅で落ち着いた。

 

 

そして、305幅を収めるために採用した策がワイドボディキットの設計である。純正ナローボディ用のA.C.E+エアロキットにアタッチメントをプラスし、ワイドボディへのグレードアップするキットを開発。フロントのワイド幅は片側+30mmという設定だ。ちなみにフロントは275幅あたりでも履けないことはないが、ボディの加工が必要となるため、265サイズをインストールしている。

 

 

リヤは片側50mmワイドとなる。このフェンダーに収まるホイールはフロント同様のTE37SL2012リミテッド(F10.5J+25 R11.0J+18)だが、さらに20mmスペーサーを追加する余裕が残っている。駆動系はATSのカーボンLEDをリジッドでマウントし、ファイナルギヤには加速重視で4.777を組み込む。

 

 

足回りはアラゴスタベースの車高調を軸にセットアップ。レバー比の変化とハイグリップに対応するため、テストを重ねながら段階的にバネレートを引き上げ、現在はフロント14kg/mm、リヤ16kg/mmの設定。オリジナルの調整式ピロアームを活用したアライメントの適正化も進め、オートクラフト白髭代表も「アクセルオンで勢いよく蹴り出す武器となってくれるはず」と手応えを掴んでいるようだ。

 

 

一方、室内はあくまでもエレガンスにまとめるのがオートクラフトの流儀。各部を上品なホワイトの合皮で張り替え、オリジナルパーツで程良いアクセントが与えられる。ブリッドジータIII用シートカバーはオートクラフトのオリジナルだ。

 

走行性能のみならず美しさまでも追求したRX-8サーキット仕様。オーナーには参考になる部分が多いはずだ。

 

●取材協力:オートクラフト京都 京都府京田辺市大住大峯1-7 TEL:0774-64-6466

 

【関連リンク】

オートクラフト京都

http://www.auto-craft.net