「トヨタ86後期オーナー待望の高機能エアロ登場!」ノーマル幅でワイド感を演出するバリスのデザインセンスに注目! | web option(ウェブ オプション)

「トヨタ86後期オーナー待望の高機能エアロ登場!」ノーマル幅でワイド感を演出するバリスのデザインセンスに注目!

ノーマル幅でワイドボディに迫るワイド&ロー感を実現

 

高機能と美しさを両立する後期用エアロ

 

空力を追求するだけでなく、ベース車両が持つスタイルをさらに洗練させ、よりスタイリッシュかつスポーティーなイメージへと変えてくれるエアロパーツを数多く産み出してきたバリス。86/BRZに関しても、発売初期から積極的に開発を進め、現在では様々なタイプがリリースされている。

 

 

その中でもオリジナルランデュースのショップデモカーに装着されたこのエアロは、前期モデルで好評だったアライジングIIの後期モデル対応バージョンという位置付けでリリースされた最新作だ。

 

 

フロントバンパーはリップ部分を別体とした2ピース構造を採用。突き出し量はアライジングIとそれほど変わらないものの、バンパー形状に奥行き感があるため、より突き出しているように見える。リップの材質はカーボンとFRPから選択可能だ。

 

 

大型のコアが採用された、HKSのRタイプインタークーラーでさえ無加工で装着できる大型の開口部を持つ。写真はオリジナルランデュース独自の塗り分けだが、ここも変化されることで大きく印象を変えることができる。

 

 

フロントバンパーのサイドダクトは、オイルクーラーなどのコアへと確実に導風する3D形状が採用された。ルーバーで仕切られた上部には後期純正のフォグランプが取り付け可能となっている。

 

 

GTフェンダーは、ノーマルの幅を維持しながらもエッジの効いたデザインが無理なくサイドへと繋がり、ミラー前方の張り出したアウトレットと合わせてワイド&ローのスタイルを実現。

 

 

ホイールアーチ後方にもアウトレットダクトが設けられており、この部分はカーボンになっているタイプとFRPのタイプの2種類が用意される。

 

 

また、新たにナローボディに合わせて製作されたスワンネックの支柱を持つ1500mm幅のGTウイングもリリース。合わせて装着することで、ノーマル幅を維持しつつもワイドボディキットをまとった86に負けない存在感を示しているのだ。

 

●取材協力:バリス TEL:042-689-2939

 

【関連リンク】

バリス

http://varis.co.jp