「ワイスピ世代を刺激する王道のエクリプススパイダー改!」心臓部は400馬力を絞り出す4G63改TD05ターボ仕様! | web option(ウェブ オプション)

「ワイスピ世代を刺激する王道のエクリプススパイダー改!」心臓部は400馬力を絞り出す4G63改TD05ターボ仕様!

スポコン全盛期を彷彿とさせるエクリプススパイダー改!

 

北米仕様のパーツを使った個性的なチューンド

 

セキュリティショップながら、人気USブランドの代理店も務めるサウンドコネクション。デモカーとして1996年式スパイダーを手がけた経験もあることで、エクリプス乗りにはよく知られる存在だ。このスパイダーのオーナーもそんな同社のカスタムに刺激を受け、サウンドコネクションの手によりUSパーツをふんだんに使った仕様へと進化させていった。

 

 

映画「ワイルドスピード」の影響からカスタムベースとして北米で高い人気を誇った2代目エクリプス、当然エクステリアの方向性は本場のUSスポコンスタイルを追求。大型ダクトとサイドフラップが特徴的なバンパーはVERSSUS製、そこにダンガンレーシングのダクト付きフェンダーを合わせて個性を演出する。

 

 

見た目はUS仕様ながら、心臓部は4G63のポテンシャルを活かすために国産パーツを採り入れてチューニングしているのも見どころ。本体はオーバーホールと同時にランエボIIの純正ピストンやコンロッドを移植している他、カムやバルブスプリング、ガスケットなどはHKS製をチョイス。そこに、北米の三菱チューン専門ブランド「ROADRACE」が扱うTD05キットを装着。仕様としては450psも狙えるが、換装されたミッションがUSランサー純正MTのため、耐久性を考えてパワーはあえて400psに抑えているという。

 

 

エキゾーストは装着率の高い砲弾型タイプを拒み、アメリカのSPRWELLにワンオフオーダーしたオーバルモデルをインストール。長年USDMカスタムを行ってきたサウンドコネクションらしい選択だ。

 

 

ブレーキは、フロントとリヤに16インチのAEM製ドリルドローターを装着。同社はECUや吸排気を得意とするアメリカのトップチューナーだ。ローターベルにデザインされたAEMのロゴがUSパーツをアピールする。パープルのシェルケースが目立つ車高調はD2ジャパン製だ。

 

 

オープンスポーツということで、室内もドレスアップ。サウンドコネクションオリジナルのアルミ製ロールケージは、機能面だけでなく、オープンにしたときの美しさを意識してハイトを低く設定。シートはアメリカのスポコンオーナーに人気がある、スパルコのREVをチョイスする。

 

 

ドラッグやナスカーなど、アメリカのレースシーンでも古くから使われるオートメーター製のタコメーターも完備。ゼロヨン用に開発されたこのメーターは、シフトインジケーターを搭載、リミットは10000rpmだ。

 

 

シフトブーツやサイドブレーキブーツも、シートと同じ生地のスパルコ製をチョイス。ダッシュボードにインストールされたモニターはUS風の雰囲気を出すには欠かせない。ちなみに、ロールケージ装着によって座れなくなったリヤシートもしっかりと張り替えている。

 

北米カスタマイズ事情に明るいサウンドコネクションならではのアプローチで仕上げられたエクリプス。スポコン全盛期を駆け抜けた世代にとっては、懐かしさを覚える1台だろう。

 

●取材協力:サウンドコネクション TEL:046-263-5945

 

【関連リンク】

サウンドコネクション

http://www.soundconnection.co.jp/