「86&BRZドリフトの伝道師に聞く“ドリ車メイクのツボ”」足回りを煮詰めればエンジンはノーマルで十分! | web option(ウェブ オプション)

「86&BRZドリフトの伝道師に聞く“ドリ車メイクのツボ”」足回りを煮詰めればエンジンはノーマルで十分!

86&BRZドリ車メイクのポイントは足回りにアリ!

 

NAだからこそアクセル全開で楽しめる86/BRZドリフトメイキング

 

近年はD1グランプリといったトップカテゴリーでも活躍する姿が見られるようになった86/BRZ。しかし、その中身はエンジンが載せ換えられていたり、足回りがごっそり海外のキット品に変更されているのが当たり前。そんな姿を見ると「純正状態の86/BRZはドリフトに向いてないのかも…」と思いがちだが、それはあくまで競技だけの話。

 

 

ドリフト・グリップのジャンルを問わず、中部エリアの競技車両アライメント調整を多く引き受ける足回りのスペシャリスト、ノーティーベアーの熊崎代表は「誰でも簡単にドリフトができる即ドリ仕様の86/BRZに必要なのは、車高調とタイロッドとメンバーカラーだけです」と86/BRZのポテンシャルの高さをアピール。

 

また「休日にサーキットで仲間と走って楽しむエンジョイはもちろん、D1地方戦レベルならNA仕様のこのデモカーでも十分戦えるくらいの戦闘力はあるんです」というマシンメイクの秘訣は、ドリフト中にしっかりアクセルを踏めるセットアップにある。

 

 

ノーマル状態の86/BRZのドリフト特性を一言で言うと、角度が付くとそれに耐えられず、イン側へ巻いていってスピンしてしまうこと。そして、それを解消するためのキーがノーティーベアーオリジナル車高調だ。いくつかテストした中で、最も特性を理想に近づけやすかったというクスコのスポーツR車高調をベースに、レート変更やヘルパースプリングを追加。F9kg/mm、R12kg/mmというバネレートはリヤのトラクションを重視した数値だ。

 

 

切れ角アップはアイコンセプトのタイロッドのみでも十分だが、この車両はよりハイレベルな走りを求めてベテランD1ドライバーの手塚強選手が開発したビーストRナックルを装着。30mm延長ロアアームによってネガキャンを付け、フルカウンター時の接地性もアップしている。

 

 

アッパーマウントにオリジナルアダプターを追加し、キャスターを寝かせるセッティングはドリフトならでは。カウンターを当てる際のセルフステアの効きを良くすることでスピンしづらくなる上、ドリフトの振り返しの操作にも余裕が生まれるようになるのだ。

 

 

「ドリフト中に気持ちよくアクセルを踏める足」のカギとなるのがGPスポーツのトラクションメンバーカラーだ。見ての通り純正アーム取り付け位置から60mmほど下へオフセットすることで、ストローク時のタイヤの動きを縦方向に限定し、ホイールベースなど余計なジオメトリー変化を防ぐ。

 

 

つまり、足回りは、適度にフロントが”転がる”足にすることでカウンターへの追従性を高め、リヤのトラクション性を高めて、ドリフト中にアクセルを踏んでもオーバーステアにならずに角度を維持しながら前に進むようにしているわけだ。

 

「4輪に接地感があってちゃんとアクセルを踏めるから、NAのままでもシルビアのターボを追いかけられるんですよ。ストレートは遅くてもコーナーで追い詰められる」という86/BRZのドリフトスタイルは偶然にもAE86とそっくりというから驚きだ。

 

 

エクステリアはロケットバニーの前後フェンダーでワイド化し、ボルクレーシングTE37VのF8.5J-6、R9J-10を履く。タイヤは前後とも215/45-17のゼスティノZ-REXをテスト中だった。シルビア等をベースにしたドリフトメイクではトラクションアップに265幅のハイグリップを履く一方で、215幅でもトラクションがかかるというのは驚きだ。

 

 

一方、エンジンはシムスのインテーク、テスト品のエキマニを追加したくらいでごく一般的な吸排気チューンで留めている。ターボ化しなくとも高トラクションのおかげでドリフトするには不満がないという判断だ。自社にてECU-TEKによるセッティングを取っているがほぼ微調整なレベルで済むとのことだ。

 

 

ブリッドのフルバケ、ナルディラリーを中心にシンプルなインテリア。横Gが大きいドリフトをやるなら純正シートではホールド性が足りないので、なるべく社外シートに交換したほうが良いそうだ。

 

 

「シルビアやツアラーVと比べて86/BRZのドリフトは難しいイメージを持たれてる方も少なくないと思いますが、足回りの仕様変更だけで驚くほどやりやすくなります。普段乗りもしつつ、休日にちょっと刺激ある楽しみ方をするためのベース車としては最適だと思いますよ!」とは、ノーティーベアー熊崎さん。

 

 

デモカーの86は一見ワイドフェンダーの迫力に圧倒されるが、中身はいたってシンプル。おすすめの足回りセットに、エンジンはNAファインチューン、切れ角アップナックルを加えたサーキットデビュー後のステップアップに最適な仕様になっているのだ。

 

●取材協力:ノーティーベアー 住所:岐阜県羽島郡岐南町平成3丁目147 TEL:058-248-1033

 

絶賛発売中!!

「HYPER REV トヨタ86&スバルBRZ No.13」

 

ここで紹介しているドリフト仕様をはじめ、トヨタ86&スバルBRZの最新チューニング情報を網羅した一冊が登場した。パーツカタログも総数3000点と充実しまくっているから、86&BRZオーナーはお見逃しなく!