「ツインターボで武装した400馬力の超速アルファード!」エルグランドをチギるためにパワーチューンを敢行!? | web option(ウェブ オプション)

「ツインターボで武装した400馬力の超速アルファード!」エルグランドをチギるためにパワーチューンを敢行!?

TD04ツインターボで400馬力オーバーを獲得!

 

ノーマルATの保護対策も万全!

 

「高速でエルグランドの加速に全く追いつけなかった…」。それがこの初代アルファードをチューニングするキッカケだ。メイキングを担当したのは、実力派チューニングショップ“S&Aオートクリエイト”。当初は排気量アップも候補に上がったが、オーナーの「もっとパワーを!!」という要求に直球で応えるには、ターボ化がベストと判断。そしてTD04をツインで装着することになったのだ。

 

 

ミニバンのターボ化は初めての挑戦だったというS&A。V6 3.0Lの1MZエンジンをターボ化するにあたり、片バンク1500ccに合うサイズを計算してTD04を選択。EXマニは当然ワンオフだが、狭いエンジンルームでの配管作業はとにかく苦労したそうだ。ちなみに、エンジン本体は圧縮比もそのままの完全ノーマル。1000ccのインジェクターを追加し、燃焼消費量から算出した最高出力は400psオーバーだ。

 

 

排気レイアウトは上流から全てワンオフ。マフラー自体はとても静かだが、アルファードには本来ありえないタービンサウンドが刺激的だ。

 

 

あくまで “純正らしく”はオーナーの拘り。しかし大容量のインタークーラーやサブラジエターを装着するため、バンパーは大胆にカットされていった。そこでカットされたエアロバンパーをベースに修正し、走行風の流れも考慮した現在のデザインが完成。なお、インタークーラーはGT-Rサイズをベースにしたワンオフだ。

 

 

比較的小型で良くまわるタービンを組み合わせたこと、また、エンジンの圧縮比を落とさなかったことによってブーストレスポンスは抜群。低回転域から太いターボトルクが立ち上がるため、街乗りでも乗りやすく、高速走行時の加速力もスポーツモデル並みに生まれ変わった。

 

しかし問題はミッション。当初はATFクーラーを装着していたが、これが期待したほどの効果を発揮せずATはあっさりブロー。そこで新たなる対策としてサブラジエターを搭載。AT車はラジエターにATFクーラーを内蔵しているので、ラジエターの水温を下げることはATFの温度を下げるのにも効果的なのである。この対策後、AT関連のトラブルは無くなったそうだ。

 

 

重要な水温管理は、トラストのインテリジェントインフォメーターにて表示しており、もっともエンジンの調子が良いのは86度近辺とのこと。燃調はeマネージで煮詰めている。

 

 

ブレーキはキャリパー&ローターとも前後にレクサスLS460純正を装着。これは純正トップグレードのパーツを使うというオーナーの拘りだ。ノーマルのままではホイールオフセットの影響でフェンダーと干渉するため、フェンダーも大加工が施されている。なお、バンパー横のダクトはサブラジエターの熱を排出するためのものだ。

 

こうして、ちょっと強めにアクセルを踏むだけでホイールスピンするほどのパワーを手にしたアルファード。刺激的なターボサウンドも含めて、そのクオリティはリアルチューニンドそのものだ。

 

●取材協力:S&Aオートクリエイト 神奈川県平塚市西八幡4-7-7 TEL:0463-23-8191

 

【関連リンク】

S&Aオートクリエイト

http://www.sandaautocreate.com/