「パワーと快適性を両立させたハチロクチューンの集大成」長距離ドライブからサーキットアタックまで! | web option(ウェブ オプション)

「パワーと快適性を両立させたハチロクチューンの集大成」長距離ドライブからサーキットアタックまで!

4A-G改NAメカチューンでハイレスポンスな198馬力を創出!

 

快適装備を全て残しながらオーナードライブで筑波1分7秒台をマーク

 

このレビンは、オーナーが東京から実家がある福岡まで快適に自走でき、さらにサンデーレースも本格的に楽しめる、趣味と実用性を高次元で両立させたマシンだ。手がけたのはハチロクチューンの名手“テクノプロスピリッツ”だ。

 

何よりも、エアコンにパワステ、オーディオ…と、長距離ドライブを楽にこなすための装備をフル搭載していることがポイント。エアコンに至っては新品パーツがあるうちに…と、載せ換えを行ったばかりだという。

 

 

エンジンは、純粋に4A-Gらしい高回転でのパワーを追求したNAメカチューン仕様。腰下は、純正1mmオーバーサイズの尾川エンジン製82φピストンと、AE101の4A-GZ用コンロッド&クランクシャフトで強化。高回転化とパワーアップに対する耐久性を高めている。また、ヘッドにはIN/EXとも作用角304度の戸田レーシング製カムシャフトをセット。0.8mm厚のヘッドガスケットで圧縮比を12.5とし、198psを発生する。

 

 

AE101純正の4連スロットルを流用し、パワー&レスポンスの向上を実現。スピリッツ熊倉さん自身がF3やF4の4スロに憧れていたという個人的な思い入れもあるけど、インジェクションでしっかりと燃調セッティングをするというのがスピリッツの拘りなのだ。

 

 

EXマニは5500rpm以上でのパワーで有利な4-1レイアウトの戸田レーシング製を装着する。また、スピリッツでは4-2-1レイアウトのオリジナルEXマニも設定しており、低中回転域でのレスポンスとトルクを求めるユーザーにはそちらを勧めている。

 

 

マフラーはオリジナルの砲弾マフラーを装着しているが、スピリッツでイチ押しなのはオーバルサイレンサー仕様。ストレート構造でノーマルからフルチューンまで対応し、オールドタイプのルックスとともに音量も抑えられた大人の味付けが特徴だ。

 

 

エンジンマネージメントはフルコンのフリーダムECUが担い、367ccに容量アップしたインジェクターとセルシオのフューエルポンプ換装によって適正な燃料供給が行われる。

 

 

エアコン、パワステ、パワーウインドウはもちろん、オーディオやETCもしっかりと装備。また、追加メーターやバケットシートがなければチューンドハチロクとは思えないほど内装パーツは完璧に残されている。

 

 

ハッチバックながらリヤまわりの剛性が高いため、必要以上に補強バーを入れると挙動がピーキーになってしまうという。そこでリヤにはタワーバーのみを装着し、実用的なラゲッジスペースを確保しているのだ。「補強だけじゃなくて、ハチロクは余計なことをしないことが肝なんだよ」とは熊倉さん。

 

 

タイヤはストリートでは195/50-15サイズのアドバンネオバを装着。ホイールはRSワタナベで、深リムがプレーンなボディと相まって、いかにもハチロクらしい雰囲気を演出する。なお、ブレーキはオリジナルのローターとパッド交換のみで十分なポテンシャルを発揮するそうだ。

 

 

サスはテクノプロスピリッツのオリジナルを装備。フロントはスピンドル一体式の別タンク仕様で、スプリングはハイパコ。スプリングレートは8kg/mmを組んでいる。

 

 

リヤもフロント同様に別タンク仕様の減衰力35段調整式を採用しているが、こちらはベステックス製スプリング(5kg/mm)が組み合わされる。

 

 

この仕様で筑波サーキットでは1分7秒台をマーク。軽量化を一切行なっていないオーナードライブでのタイムとしては十分すぎる速さだ。もちろん、その速さを支えているのはパワーに合わせたエンジンの強度や耐久性、トータルバランスを徹底したサスペンションセッティングなど、ハチロクを知り尽くしたテクノプロスピリッツならではの技術力とノウハウに他ならない。

 

●取材協力:テクノプロ スピリッツ 埼玉県川越市小中居945-1 TEL:049-235-4886

 

【関連リンク】

テクノプロ スピリッツ

http://www.tp-spirit.co.jp/