「ZC33Sスイスポ乗りに人気のテイン“モノスポーツ”車高調を試す!」EDFCとの連携で走りと快適性を両立する超絶ハイスペック! | web option(ウェブ オプション)

「ZC33Sスイスポ乗りに人気のテイン“モノスポーツ”車高調を試す!」EDFCとの連携で走りと快適性を両立する超絶ハイスペック!

足回りスペシャリストが手掛けたZC33S用の高性能車高調!

 

サーキットにも対応する“モノスポーツ”を試す!

 

あらゆるユーザーニーズに対応できる豊富なラインナップと車種バリエーションを誇るサスペンションメーカー“テイン”。今回紹介するのは、ZC33Sスイスポ乗り達の間で人気が高い「モノスポーツ(17万2000円)」というモデルだ。

 

 

ターゲットはスポーツユースで、車種のキャラクターに合わせた減衰力セッティングを敢行。ワインディングからショートサーキット等のスポーツ走行にベストな車高調と言える。

 

 

モノスポーツは全長調整式を採用しつつ、減衰力を発生するピストンまわりには専用に開発されたアドバンスM.S.V.を搭載。これは、16段階の調整機能に従来以上の変化幅をもたせつつ、しなやかさと路面追従性をアップさせる技術だ。その幅広い調整幅を活かすことにより、セッティングの幅と自由度をアップさせているのだ。

 

 

ショックアブソーバーは単筒式を採用するためエアレーションが発生せず、路面からのインフォメーションを的確に捉えることが可能となる。

 

 

さらに、WRCなどの過酷な世界で強さを証明したストロングチューブを量産モデルとして世界で初採用。サスペンション剛性を究極にまで高めているわけだ。

 

 

テインの推奨車高は純正からフロントがマイナス25〜45mm、リヤがマイナス20〜40mmの設定。この範囲内でならその性能を思う存分体感できるはずだ。スプリングレートはフロント7.0kg/mm、リヤ4.2kg/mmが標準となる。

 

 

そして、このモノスポーツの魅力をさらに高めてくれるのが、「EDFCアクティブプロ(コントローラーキット:5万2000円/モーターキット:1万5500円)」。

 

 

室内から減衰力の調整ができるこのシステムは、マニュアル操作に加えて旋回Gなどの状況に応じた4輪独立自動調整機能を搭載。外部信号入力機能も用意され、信号が入力されるとあらかじめ設定した減衰力に調整されるなど、ドライバーの意思に応じた拡張性を搭載していることも魅力のひとつと言えるだろう。

 

 

自動調整モードでは減衰力の調整ステップがデフォルトの16段から最大64段へとより細かなものになり、4輪それぞれ最適な減衰力に調整してくれる。ロガー機能も搭載するため、サーキットなどでよりキメ細かなセッティングが行えるというわけだ。

 

 

この車高調が組まれたデモカーに試乗したレーシングドライバーの青木孝行選手は「ゆっくり走っていればノーマルっぽい動きなんですが、ペースを上げていくとコーナーでもしっかりと踏ん張ってくれる。ひと昔前のタイプだと調整のタイムラグが気になったけど、これは素早く調整されるから急な切り返しでも違和感は全くなかったね。設定がいろいろあるみたいだけど、それぞれ試していけばきっと自分好みが見つかるハズ」と評価。

 

 

気持ち良いコーナリングは、スイスポにとっては最大の楽しみ。その楽しみを最大限に引き出してくれるのが、テインが自信を持ってオススメしているモノスポーツなのである。

 

問い合わせ:テイン TEL:045-810-5501

 

【関連リンク】

テイン

https://www.tein.co.jp/