「マーチニスモSのマインズ1.6Lコンプリートエンジンが凄い!」ハイカム&ハイコンプで真のホットハッチを生み出す!

公開日 : 2019/11/26 05:30 最終更新日 : 2019/11/26 05:30


1.6L化にハイカムで武装した痛快ライトウェイトマシン!

 

59万8000円&限定10機の最強コンプリートエンジン!

 

K13マーチのトップグレードであるマーチニスモSを、トータルでよりスポーティに仕上げてきたのが老舗“マインズ”。その要となるのは、1.6L化されたHR15DEベースのコンプリートエンジン(59万8000円/下取り不要/限定10機)だ。

 

 

ノートニスモSに搭載されるHR16DEのパーツを流用し、ストロークを78.4mmから83.6mmへと変更して1.6L化。ヘッドはHR15DEのままで圧縮比は11.2。純正カムを加工して作ったハイカムと、カムのベースサークルが変わったことに対応するオリジナルのバルブを製作し、これらのパーツを精密オーバーホール時に組み込んでいる。パワーは公称140ps以上とのこと。

 

 

吸排気も徹底的に手が入り、吸気系には純正加工の2mmオーバーサイズスロットルおよびチタンインテークパイプを、排気系にはスポーツキャタライザーをそれぞれ装着。

 

 

もちろんこのエンジンに合わせてコンピュータの燃調や点火時期も最適化。ノーマルのHR15DEとは比べものにならないほどトルクフルで、レブリミットまで一気に吹け上がる特性に仕上がっている。

 

 

車高調は、マインズのESTAサスペンションキットを装着。ストリートでの乗り心地を損なわずにスポーティな走りを求めた逸品で、アクセルの入れ加減でクルマの向きを変えられるほど扱いやすい特性に仕上げられている。

 

 

ホイールはレイズのホムラA5S(7J×17)で、タイヤにはポテンザRE-71R(215/40-17)をセット。ブレーキチューンも推進。フロントには4ポットキャリパー&294mmローターを投入し、リヤもE12ノートのキャリパー&ローターを流用して強化済みだ。

 

 

ストリート仕様ということで、室内はフルノーマル。快適装備も全て残しており、とてもハイカム&ハイコンプのコンプリートエンジンが搭載させているとは思えないナチュラルさだ。

 

 

このチューンドを試乗した木下みつひろ選手は「僕もマーチニスモSに乗っているからよく分かるんだけど、とにかくこのクルマは下のトルクがある。シフトアップするたびにクルマがグンっと前に出る感じで、全く別物のエンジンに仕上がっているんです。足回りも絶妙で、コンパクトカーならではの舵角の少なさと、リヤのオーバーステアを感じながら走れるハイレベルなセッティング。乗り方次第でオーバーにもできるし、ニュートラルにも出来るから運転が楽しい! 」と高評価。

 

 

スポーティな部分を一段高い設定にしながら、トータルで走りの質をアップさせていく。実にマインズらしく贅沢に仕上げられたホットハッチだ。

 

●取材協力:マインズ TEL:046-857-3313

PHOTO:小林克好(Katsuyoshi KOBAYASHI)/TEXT:廣嶋健太郎(Kentaro HIROSHIMA)

 

【関連リンク】

マインズ

http://www.mines-wave.com