「2JZ換装でモリモリのトルク特性を手にしたJZX100チェイサー!」オーバー600馬力のストリート快速スペック

心臓部は600馬力オーバーの2JZ-GTE改TO4Zタービン仕様

 

的確なマネージメントでリニアな加速フィールを作り出す

 

創業39年。R32GT-RやJZA80スープラといった名車たちが登場する遥か以前から、九州におけるチューニングシーンの歴史を支えてきたHKS九州サービス。パワフルでありながら扱い易く、しかも壊れないという信頼性の高いチューニング手法は世代を超えたユーザーたちからの絶大な支持を得ている。

 

 

ここで紹介する1台は、JZX100チェイサーに2JZを換装したマシン。エンジンはJZS147アリストから移植のため、VVT-iは装着されていない。

 

 

本体はノーマルながら、タービンはビッグシングルのTO4Zに変更。燃料系統は600ccインジェクターやGT-R用ポンプなどで強化。設定ブースト圧は1.5キロで、最高出力は実測で600馬力をマークしているという。その他、コンピュータはHKSのF-CON Vプロで、燃調、レブリミットなど対策も万全だ。

 

 

経年劣化を一新させるヘッドカバーの結晶塗装が、エンジンルームを盛り上げる。チューニング面だけでなく、こんなカスタマイズの相談もお任せなのだ。

 

 

エキゾーストは、太く響き渡るような2JZサウンドを強調するHKSハイパーマフラーだ。このクルマにはGT-R用を加工した触媒も備えられている。

 

 

エクステリアは、HKS九州サービスオリジナルのエアロバンパーを装備。前置きインタークーラーをキレイに収める大型開口部や、オイルクーラーの配置に最適な両サイドのダクトなど、冷却性能と見た目のカッコ良さを両立している。なお、取材車両は両サイドのダクト内にオイルクーラーを一基ずつ装着。バンパー側面には放熱用のエアアウトレットも備わる。

 

 

実際に試乗させてもらったところ、パフォーマンスに関しては「最高!」の一言。取材当日は小雨がパラつくウエット状態だったため、アクセルの加減には遠慮したものの、スピードメーターの針は一瞬で跳ね上がる。もともと排気量に余裕があるだけに、そのフィーリングも分厚いトルクでグィッと押し出すような迫力が感じられた。過給の立ち上がりもリニアで、低中速ではターボの存在を意識させないほど。

 

 

 「JZエンジン搭載車は、生産中止から随分年月が立ちますが、チューニングやオーバーホール、載せ換えなどの問い合わせはコンスタントに寄せられています。特に換装はミッションがポン付けで行けるので、コスト的にも手頃だし見た目の違和感もありません。日産のRBとならぶ最後のイジれる直6ユニットとしての潜在的なパフォーマンスは、今もなお一級品だと思いますよ」と語るのは代表の竜円さん。

 

ちなみにHKS九州サービスでは、400馬力前後であれば標準1JZのオーバーホール+タービン交換でも達成可能(それでも十分過ぎるほど速い)。腰下を2JZ化させる通称1.5Jも、定番ながらオールラウンド性に優れた手法としてお勧めとのこと。

 

 

街乗りメイン、ドリフト、ドラッグなど、まずは自分の使用スタイルを見極め、ベストなセットアップを相談してみてはいかがだろう。

 

●HKS九州サービス 福岡県北九州市小倉南区蜷田若園3-12-15 TEL:093-931-6910

 

【関連リンク】

HKS九州サービス

http://www.hks-kyusyu.co.jp