「GRスープラ“アンチワイドボディ派”の急先鋒!」アメリカを代表するチューニング誌の企画車両!【SEMA SHOW2019】

公開日 : 2019/11/22 05:30 最終更新日 : 2019/11/22 05:30


スーパーストリート誌のプロジェクトカー!

 

アンチワイドボディ宣言!

 

ENEOSブースに展示されていたGRスープラは、アメリカのチューニング専門誌“スーパーストリート”主導のプロジェクトカーだ。見どころは、やはり流麗なエクステリア。SEMAではパンデムをはじめとするワイドボディキットで武装したGRスープラが溢れていたが、このチューンドはその流れに抗うかの様に、フェンダー幅を拡大しない純正ナローで勝負していたのだ。

 

 

フロントフェンダーの造作は見事で、ボンネットラインの下からサイドステップまでを大胆にえぐって、シャープなサイドシルエットを構築。角度によってはワイドフェンダー仕様に見える上、タイヤハウス内で発生する乱流を排出する機能性も有するデザインだ。これは間違いなく日本でも増えるアプローチだろう。

 

 

リヤにはダックテール形状のスポイラーを装備し、その上にボルテックスのスワンネックGTウイングをマウント。ドアミラーもカスタムメイドされているが、その形状は秀逸。ミラーはドライカーボンでアームはマグネシウムという最高級マテリアルによる逸品だ。

 

 

これらのエクステリア製作はカルフォルニアに拠点を置くEvasive Motorsports(エヴァシブモータースポーツ)が担当したと聞いて思わず納得。同社は、JDM系チューナーとして名高い全米トップクラスのビルダーだ。SEMAでは古くからトヨタ公認の超ド級カスタムカーを出展し、その度に話題をさらってきた。

 

 

エキゾーストはアクラポヴィッチのチタンをワールドファーストでインストール。上流部にはAMSパフォーマンスのダウンパイプも組み込まれ、世界最高峰の排気環境を整えている。

 

 

ドイツKW社のプロトタイプ車高調でローダウンし、クラシックのBBS LMゴールドをインストール。ブレーキもブレンボのGT-Sキットを投入済みだ。このあたりのセンスの良さは、さすがスーパーストリートである。

 

 

なお、この美しいボディキットはエヴァシブモータースポーツから市販予定とのこと。アンチワイドボディ派のGRスープラユーザーたちの間でブレイクしそうな予感だ。