「ゼロ戦をオマージュしたS15シルビア・ヴァリエッタ!」6速MT+ターボエンジン換装で走りもイケる!【W-Option JAMBOREE】 | web option(ウェブ オプション)

「ゼロ戦をオマージュしたS15シルビア・ヴァリエッタ!」6速MT+ターボエンジン換装で走りもイケる!【W-Option JAMBOREE】

ゼロ戦イメージの大和魂ほとばしるヴァリエッタ!

 

パワートレインはS15スペックRからゴッソリと移植

 

オーテックから発売されたS15シルビアのオープンモデル、ヴァリエッタ。都会的な匂いを感じさせるこのレアモデルをベースに、ゼロ戦をイメージしたストリートレーサースタイルでカスタムしまくったのがこのマシン。

 

 

ヴァリエッタは走りのキャラクターではないため、販売時のパワートレインはSR20DE(NA)+ATのみの設定だった。それでは面白くない!と、オーナーの田上さんはパフォーマンスアップを求めてS15スペックRのSR20DETと6速ミッションを換装。エンジンは吸排気チューンのブーストアップ仕様だが、それでもノーマルとは段違いの速さに満足しているそうだ。

 

 

室内は、ブリッツのレーシングメーターDCをダッシュボードに3連で配置している以外はほぼノーマル状態をキープ。特徴的なシフトノブは、ゼロ戦コンセプトに合わせた刀モチーフの和風アイテムを取り入れている。

 

 

シートは、ドライバーズ&ナビともにEK9シビックタイプRの純正レカロを流用。他人から見られることが多いオープンスポーツだけに、パンチの効いたレッドのセミバケはインパクトも抜群だ。

 

 

エクステリアは、マットオリーブグリーンのボディカラーにビス留めのオーバーフェンダーをセット。そこにホワイトのラインや日章旗を加えて、大和魂あふれるカスタムスタイルを演出している。車高調はZSS、ホイールには19インチのボルクレーシングGTSをコーディネイトした。

 

 

「海外のYouTubeで見たゼロ戦風カスタムをオマージュしました」とはオーナーの田上さん。今回のイベントには可愛い愛犬とともに参加し、積極的に参加者たちとコミニュケーションを取る姿が印象的だった。好き嫌いが明確に分かれそうなカスタムだが、真のあるテーマを掲げてブレずに愛車をイジっていくというのは、なかなか真似できることではない。このまま己の道を突っ走っていってください!