「こんなに綺麗なハチロクが現存するなんて!」走行8万キロの極上カローラレビン!【W-Option JAMBOREE】 | web option(ウェブ オプション)

「こんなに綺麗なハチロクが現存するなんて!」走行8万キロの極上カローラレビン!【W-Option JAMBOREE】

走行8万キロの極上車ベースでレストア+フルチューン!

 

こんなに綺麗なカローラレビンが現れるとは!

 

この車両を含めて3台のハチロクを所有しているというAE86マニアの河野さん。今回のイベントに持ち込んだのは、その中でも保存用という極上車。走行は実走で8万キロ!?というから昭和60年式とすれば希少な1台と言える。そのため「素手では触らない」「雨の日は乗らない」など扱いを徹底しているそうだ。

 

 

だからといってノーマル状態で保存するのではなく、外装からエンジンまでビシッと仕上げたフルチューンスペックだったりするから面白い。4A-Gはバランス取りされたクランクに戸田レーシングのピストンを組み合わせて腰下を強化、ヘッドも戸田レーシングのハイカム(IN264度 EX256度)や強化バルブスプリングなどキッチリと手が入る。

 

 

吸気系にはAE101の4連スロットルをドッキング。インジェクション制御は定番のフリーダムによって綿密に行われているが、さらなるフィーリングアップを目指して近々高性能フルコン“LINK”に変更予定とのことだ。

 

 

外装は前期改後期仕様。各部をレストアしつつ、エアロバンパーやカーボンボンネットなどでドレスアップ。ちなみにフロントウインドウは軽量のクールベール製を奢った。

 

 

FRP一体型ゲートが個性を演出するリヤフォルム。エキゾーストマフラーはフジツボ製を装備する。テールレンズやモール類がここまで綺麗だとオールド感は全くない。

 

 

サスペンションは前後とも定番のTRDだ。ホイールは15インチのボルクレーシングTE37(ブロンズカラー)で、タイヤにはアドバンネオバをセットする。

 

 

室内も凄まじい。メーターをデジタルからアナログに交換して、集中ドアロックやパワーウインドウも後付け装備するなどオールレストア。ダッシュボードカバーやシートカバーなどは自作して日焼け防止などの保護も兼ねている。

 

ともあれ、ここまで状態の良いカローラレビンは世界中を探してもそうそうお目にかかれないはず。これからもチューニングを楽しみながら、大切に乗り続けてください!