「絶対にぶつけられないフルカーボンFD3S登場!」心臓部は3ローターツインターボで700馬力を発生! | web option(ウェブ オプション)

「絶対にぶつけられないフルカーボンFD3S登場!」心臓部は3ローターツインターボで700馬力を発生!

20Bツインターボを搭載するレフトハンダー!

 

カーボンボディのGReddyファイナル見参

 

全身をカーボンで覆い尽くしたRE雨宮AC037ボディキット仕様のFD3S。エアロパーツのみのカーボン化なら分かるが、ルーフやドアなど全ての部位にウエットカーボンを張り巡らすことで、圧倒的な存在感を演出しているのだから恐れ入る。

 

 

エアロパーツは、フロントが2003年の東京オートサロンで発表したRE雨宮グレッディファイナルと同一のキットを装備。リヤは、AC987キットのカーボンバージョンを組み合わせている。

 

 

メカニカルパートもハンパではない。海外からのオーダーで制作したこともあり、ベースマシンは左ハンドルの逆輸入仕様なのだが、そのチューニングレベルたるや完全なるアルティメイトクラス。パワーユニットは13Bではなく、サイドポート拡大加工が施された3ローターの20Bへとスイッチ。

 

 

換装にあたっては、13B基準で前方に60mm、後方に100mmという位置関係でマウント。前後重量配分を考慮し、可能な限りフロントミッド化しているのだ。

 

 

オリジナルEXマニを介して装着されたTD06-25Gツインターボがフルチューンを物語る。ウエストゲートもツイン仕様だ。F-CON Vプロによる綿密なマネージメントを行うことで、最大出力はオーバー700psを軽々と達成している。

 

 

左ハンドル仕様のインテリアはカーボン&レッドでシンプルにまとめあげられている。ダッシュボードやドア内張り、そしてルーフには高級素材のアルカンターラを張り込んで高級感を演出。個性的なステアリングはMOMOのTREXだ。

 

 

ホイールは20インチのAVSモデルT5(F8.5J+40 R10J+30)で、タイヤはアドバンスポーツ(F245/30-20 R285/25-20)を組み合わせる。ブレーキはフロントがレーシングブレンボ、リヤは純正キャリパーにRE雨宮オリジナルのキャリパーカバーを被せている。

 

 

完成後、このFD3Sは海を渡ってRE雨宮をリスペクトする外国人オーナーの愛機になったという。その気になって踏めば即300km/hを超えるほどのポテンシャルを有するフルチューンスペックだけに、オーナーの免許証が少し心配になった次第だ。

 

●取材協力:RE雨宮 千葉県富里市七栄439-10 TEL:0476-90-0007

 

【関連リンク】

RE雨宮

http://www.re-amemiya.co.jp/