「現行型NSXを調べ尽くした専門店によるカスタム最適解!」ルートKSならではのエアロチューニング

オーナーの所有欲を満たす現行NSX最強フォルム

 

専門店が導き出したNSXの最適解

 

NSX専門店として、先代型のNA1/2を手がけるだけではなく、NSXと名付けられた現行型にも着目するのは当然。ルートKSでは、NC1の発売直後に車両を調達し、そのパフォーマンスと方向性を徹底的にチェックしてきた。

 

 

例えば、サーキットニーズが高かったNA型に倣い、フルノーマル状態で筑波や富士、鈴鹿といったサーキットに持ち込んでデータを採取。もちろん、市街地とは違って手軽に限界値を知ることができる上に、より効率的に潜在能力を引き出せることもサーキットをテストの場に選んだ理由と言える。

 

こうして各種モードによる挙動やレスポンス、ハンドリングなどまで細かくデータ化した後に、パーツ交換による性能変化を確認。机上で数値だけを追い求めるのではなく、より実践的にパーツ開発を行う姿勢は専門店としてのプライドに他ならない。

 

 

「結論から言うと、現状ではNC型はサーキットで勝負するチューニングカーにはなり得ないですね。車重があり、なおかつ電子制御が張り巡らされているため、制御系の解析が進まなければマフラー交換だけでパワーダウンも起こり得る。そう考えると、現段階ではノーマル+αでスタイリングを楽しみつつ、ストリートで楽しむグランドツーリングといった使い方がベストです」とは、ルートKS川合代表。

 

 

徹底した体力測定から、あらゆる角度でチューニングパーツを検討したものの、電子制御が邪魔をして顕著な性能向上には至らないというのが実状。パワーアップに繋がるノウハウは得られているが、コストパフォーマンスの観点で言えばユーザーに提供するほどの効果は得られない。そのため、現状ではチューニングパーツではなく、ボディパーツのみをラインナップするに留めているのだ。

 

 

構成するエアロパーツは多岐に渡る。まず、フロントのダウンフォースを獲得するために設計されたハーフスポイラーは、取り付けには純正ネジを利用するためボディ側への加工が一切必要ない設計だ。また、ボンネットにはオリジナルのダクトフィンを配置し、アクセントを加えている。

 

 

フロントスポイラーからのデザインを受け継ぎアクセントとしての効果も発揮するサイドステップ。サイドに流れる走行風を整流することでリヤフェンダーに配置されるインタークーラーにも効率的に走行風が導かれるため、パフォーマンスアップにも繋がる。

 

 

ノーマル車高では腰高感が否めないため、20mm程度アーチを低く描くオーバーフェンダーを設定。ノーマルサスペンションのままホイールとのバランスを適正化できるアイデアは、ノーマル+αのコンセプトに従ったアイテムだ。

 

 

リヤディフューザーは大型化をはかることで、リヤビューでNC1のスポーティムードを高めることに成功。ディフューザーに加え、左右のバンパーエンド部分にはリヤアンダーカウルを設置し、フロント、サイドからのボディラインを整えている。

 

 

現在製品化を目指しているリヤトルーパーは、素材にドライカーボンを採用することで強度と軽量化の両立。もちろんボルトオンで装着できる手軽さを備えつつ、車内側からの視界を遮る心配もなし。

 

 

車検対応サイズのGTウイングは、スワンネックタイプのステーやトランクスポイラーなど3つのパーツで構成される。スタイリングだけでなく空力性能も考慮した設計によって、ハイスピードレンジでも安定したパフォーマンスが得られるアイテムだ。

 

 

足元は超超ジュラルミン鍛造のBBSハイエンドシリーズから『RZ-D』を装着。純正サスペンションとの相性を考慮して、サイズは前後ともに純正サイズを利用しつつ、スペーサーでクリアランスを調整している。

 

専門店による現行型NSXチューンの第一段階は、オーナーの所有欲を満たすフォルム作りがターゲットというわけだ。

 

●価格表

フロントハーフスポイラー:19万8000円/サイドステップ:24万8000円/リヤアンダーカウル:9万8000円/リヤディフューザー:19万8000円/オーバーフェンダー:19万8000円/ボンネットフィン:5万8000円/フロントフェンダーフィン:6万8000円/GTウイング:21万8000円/トランクスポイラー:9万8000円/スワンタイプウイングステー:8万8000円

 

●問い合わせ:ルートKS 三重県鈴鹿市住吉3-29-17 TEL:059-392-6677

 

【関連リンク】

ルートKS

https://www.route-ks.com