「“メイドインジャパン”のパーツで武装したGRスープラ!」アグレッシブなクスコカラーで魅せる【SEMA SHOW2019】 | web option(ウェブ オプション)

「“メイドインジャパン”のパーツで武装したGRスープラ!」アグレッシブなクスコカラーで魅せる【SEMA SHOW2019】

高品質な日本製パーツでフル武装したGRスープラ!

 

クスコ、ブリッド、フジツボの3社によるトリプルコラボ

 

モータースポーツへの積極的な参戦で得られたデータをフィードバックし、86&BRZチューニングのトップランナーとして知られるクスコ。

 

 

北米でも認知度は高く、SEMAにはマフラーメーカーのフジツボやシートメーカーのブリッドと共に、毎年ブースを出展している。そんなクスコの目玉は、もちろん他メーカー同様“GRスープラ”だ。オリジナルのポン付けボディ補強パーツを軸に、各部をメイドインジャパンのチューニングパーツで武装。エクステリアはクスコカラーでドレスアップし、存在感をアピールしていた。

 

 

エンジンルームには、得意のパワーブレースを装備。エンジンカバーを回避してストラットとコアサポートを繋ぐ形状となっており、剛性アップという効果はもちろんエンジンルームのドレスアップにも貢献するパーツだ。

 

 

その他、リヤのフロア下およびトランク内に設置するパワーブレースや強化スタビライザーもインストール。GRスープラの走りの質を向上させるパーツを多数スタンバイしているのだ。

 

 

カーボンテールが美しいマフラーは、フジツボが製作した可変バルブ付きの北米専売モデル“VVV(ブイダブリュー)”だ。素材はフルチタンで、メインパイプ76.3φ→60.5φ→70φ→テールエンド118φ×2というレイアウトを採用する。

 

 

日本国内での販売にも期待が高まるが、実のところGRスープラは音量が純正でも保安基準値ギリギリの設定だったりする。そのため、現在フジツボではハイスペックの高性能マフラーで車検対応を実現する方法を模索している最中で、市販化までにはしばらく時間が必要とのこと。

 

 

GRスープラと抜群のマッチングを見せる5本スポークのホイールは、アドバンレーシングGTの19インチ。タイヤには同じくヨコハマのアドバンスポーツを組み合わせる。

 

 

バケットシートはブリッドとクスコのコラボレーションモデルとなる。レッドのシートハーネスはクスコのオリジナルだ。センターコンソールには、シンプソンのカーボンヘルメットがオブジェとして展示されていた。

 

 

海外市場において、ブリッドのバケットシートはブリッドブランドのみならず、クスコとのダブルネームでも積極的に販売展開されている。日本で発表されたばかりのジータIVもコラボモデルがすでに展示されていた。

 

メイドインジャパンの高品質パーツで武装したGRスープラは、ライトな仕様だったにも関わらず会場での注目度は抜群。この勢いで、世界に日本のチューニング魂をアピールしていって頂きたいものだ。

 

●取材協力:キャロッセ TEL:027-352-3578

 

【関連リンク】

キャロッセ

http://www.cusco.co.jp/