「L28改3.1Lフルチューンを搭載するシルビア!」完全公認のストリートスペック【W-Option JAMBOREE】 | web option(ウェブ オプション)

「L28改3.1Lフルチューンを搭載するシルビア!」完全公認のストリートスペック【W-Option JAMBOREE】

完全公認で名機L型エンジンを気軽に楽しむ!

 

新旧クロスオーバーの技ありマシン

 

本来は4気筒のSR20を搭載するS14シルビアの心臓部に、旧車でおなじみのL型エンジンを搭載してしまった仰天チューンドの登場だ。オーナーにしてビルダーの斎藤さん(谷島自動車)は、このクルマとは別にL型のS30Zも所有していて、普段使いでもL型のフィーリングを楽しみたいという理由からこのマシンを製作したそうな。

 

 

ベースになっているのはS14後期のATモデル。そこにバルクヘッドを加工することなく直6のL28を換装しているわけだが、エンジン本体は3.1Lまで排気量を拡大した上でソレックス50φキャブを組み合わせたフルチューンの320ps仕様! SR20ターボのブーストアップと同等のパワーを発揮しているのだ。しかも、TIC製の触媒を使うことで排ガス試験をクリアし、公認車検も取得しているというから驚かされる。

 

 

デスビは進角の付くOS技研製に変更することで乗りやすさも実現。さらに、エンジンルームはサイクルフェンダーやシェイブドベイといった最新のカスタムを取り入れているところも見どころだ。

 

 

ミッションはR32スカイライン用を使っているが、シフトポジションは純正とほぼ変わらない位置に設定。エンジン換装に伴い純正メーターは機能しなくなるため、メーターパネルは新規で製作。エアコンやパワステも装備し、普段のアシとして使えるようにキッチリと仕上げられている。

 

 

ドライブフィールを高めるためのバケットシートは、旧車風にエア抜きボタンを配したモデルをチョイス。エンジンの仕様を知らなければ「変わったパーツチョイスだなぁ」と思うかもしれない。

 

 

シート同様に、ホイールもあえて旧車テイストのSSRメッシュをマッチングした。サイズは16インチでフロント8.0Jのリヤ9.0Jだ。足回りはビルズの全長調整式車高調をセレクトして適度にローダウン。

 

 

ちなみに、S14のL型仕様は総額300万円(車両込み、エンジンはL28ノーマル)から製作可能とのことで、ベース車両はシルビアの他にスカイライン(R31〜R34)やフェアレディZ(Z31〜Z32)でも問題ないそうだ。「L型エンジンは憧れだけど、ベース車両が古くて維持が大変そう」や「昔乗っていたL型のサウンドが忘れられない!」という熱い人にオススメのチューニングアプローチと言えるだろう。

 

●取材協力:谷島自動車 TEL:0296-57-3528