「凝り性チューナーが製作した“痛かっこいい”S15シルビア見参!」NAに拘ったチューニングと幻想的なライティングカスタムで魅せる | web option(ウェブ オプション)

「凝り性チューナーが製作した“痛かっこいい”S15シルビア見参!」NAに拘ったチューニングと幻想的なライティングカスタムで魅せる

ジャンルに捉われない自由な空気が魅力のS15改!

 

流行を追わずに“ちーすい丸グラフィック”で独自の路線を歩む

 

美しく仕上げられたデモカーは数あれど、ジーコーポレーションのS15シルビアほど細部まで妥協なく製作されたマシンは珍しい。

 

 

なにせ、ボディワークからエンジンチューン、室内メイクから光りモノに至るまでスキのない作り込み。しかもそれら全てが個性やアイディアに富んでいるのだから恐れ入る。

 

 

まず注目したいのは、ビジュアル重視というエンジンルームの作り込み。心臓部はターボではなく、NAのSR20DEがベースなのだが、メカニカルな雰囲気を演出するために無駄な部品を排除した上でネジ穴や溶接痕を徹底的にスムージングする“ジェイブドベイ”を敢行。なお、エンジンはハイカム&吸排気の見直しに加え、TEPSとの共同開発でCPチューンによって20psアップを達成している。

 

左:デモカー/右:純正

 

特に面積が大きいタイヤハウスは、ボルト穴は全て処理した上で形状を滑らかにしてシルバー塗装を施した。ノーマルと比べるとその違いは一目瞭然だ。

 

 

また、エンジンルームはシルバー塗装した上で、ヘッドカバーやプラグコード、はたまたホースやフィッティングまでブルーで統一。ウォッシャータンクやヒューズボックスなど余計なモノは目立たない場所に移設している。

 

 

芸術品のような仕上がりをみせるEXマニは、S15のNAモデル専用に開発したジーコポレーションのオリジナル。性能はもちろん見た目の美しさにも拘った自慢の逸品だ。

 

 

室内も徹底的にカスタム。ダッシュボードはシルバーカーボン&ブラックカーボンのツートン仕上げで、シフトまわりにはホワイトのアルカンターラ生地をあしらった。得意のLEDカスタムも存分に投入され、ドリンクホルダーにはエンブレムをイメージした無限ホールを組み込んでいる。

 

 

エクステリアはオリジナルエアロをフル装備し、ナイトシーンを彩るライティングパーツも多数投入。テールランプはLEDとファイバーをセンスよく組み合わせたワンオフだ。

 

 

ヘッドライトはCCFL管とラインLEDを仕組んで近未来的なフェイスを演出。さらに、ブロンズリムが美しワーク製ホイール内部やダクトにもLEDをインストールしてドレスアップしている。

 

 

凝り性チューナーならではの技が炸裂しまくったS15シルビア。流行のスタンスやUSDM系を追うのではなく、テレビアニメ“ちーすい丸”のバイナルグラフィックを軸に、独自の「痛かっこいい」スタイルを追求。中村代表の遊び心も好印象な名チューンドだ。(OPTION2 2013年1月号より)

 

●取材協力:ジーコーポレーション 千葉県船橋市小野田町1509-1 TEL:047-457-0001 

 

【関連リンク】

ジーコーポレーション

http://www.g-corporation.co.jp