「コンパクト向けのTE37ソニックに軽量バージョン登場!」マイナス100gの浪漫【最強ホイール解体新書】 | web option(ウェブ オプション)

「コンパクト向けのTE37ソニックに軽量バージョン登場!」マイナス100gの浪漫【最強ホイール解体新書】

最新の解析技術でさらなる軽量化を達成!

 

タイム短縮を狙う“攻めのコンパクト用”

 

ノートやロードスターなど、コンパクトカーに向けた15~16インチを揃えるTE37ソニックシリーズ。そこに、サーキットなどでのタイム短縮を狙う人向けのSL(スーパーラップ)のラインナップが加わった。

 

 

その特徴は、既存のTE37ソニックに対してさらなる軽量化を図ったことにある。TE37ソニックの開発当時から、さらに進化した解析技術を駆使することで、フランジまわりとナットホール付近がまだまだ削れることが判明。そして、レイズが誇る切削技術を駆使して、どのサイズでも剛性を損なうことなく100g前後の軽量化を達成しているそうだ。

 

 

1本あたり約100gとはいえ、ホイールが軽くなるとバネ下重量の軽減に繋がるため、走る、曲がる、止まるという運動性能が格段に向上。サーキットでコンマ1秒を競う場面では、大きなアドバンテージになることは間違いない。

 

 

なお、カラーはプレスドグラファイトの単色展開で、ロゴは切削ではなくステッカーを貼り付ける仕様だ。バルブキャップなどの赤と相まって絶妙なアクセントとなっている。

 

 

また、ホイールのサイズによって5種類のフェイスが用意され、撮影車両のノートニスモに装着している16インチ6.5J+37のサイズはおとなしめのフェイス2。15インチ7.0Jともなるとフェイス5になるので、かなりのコンケイブを味わうことができるだろう。

 

PHOTO&TEXT:Takeshi ISHII
 

製品仕様

RAYS

VOLK RACING TE37 SONIC SL

価格:4万6000円〜5万4000円

サイズ:15×5.0J〜16×8.0J

カラー:プレスドグラファイト

 

【関連リンク】

レイズ

https://www.rayswheels.co.jp/
 
「動画」ボルクレーシング最新モデルの系譜 TE37シリーズ/G025
https://youtu.be/_svb5SgL45I