「驚異のキャンバー18度!」女性オーナーが乗る鬼キャン仕様のS14シルビア!【W-Option JAMBOREE】

公開日 : 2019/11/11 15:00 最終更新日 : 2019/11/11 20:09

昭和テイストを求めたS14後期改前期!

 

ボディ無加工でフロント18度&リヤ16度のネガキャンを実現

 

イベントで最もタイヤが“ハの字”を切っているクルマに贈られる「ネガキャン賞」を見事に受賞したのがこのクルマだ。

 

 

増田さんのシルビアは、元々ドリフトに使われていたというボロいS14がベース。それを引き取ったことをキッカケに、それまでタイムアタック用に乗ってたハチロクを売却した資金でショーカーとしてカスタムしたそうだ。

 

 

驚きなネガティブキャンバーの量はフロント18度、リヤ16度という数値。フロントはストラット式のため、アッパーマウントを限界まで寝かせるのに加えて車高調のナックルブラケットに穴を追加して強制的にネガキャンを付けたのだ。

 

 

この穴位置は大体これくらいだろうってところに勘で空けたそうで、思ったよりキャンバーが付きすぎたらしい。ロアアームはターンバックルで調整幅のあるスキッドレーシング製を装着。

 

 

ホイールはエクイップ03でフロント10.5J-35(ナンカンNS-2、195/50-15)、リヤ11.5J-60(ミネルバ205/55-15)。純正エアロとビス止めオーバーフェンダーで昭和らしさを醸し出すのがコンセプト。NAベースで4穴だったところもちょうど良かったそうだ。

 

 

リヤはマルチリンクなのでアッパーアーム短縮かロアアーム延長でキャンバーを寝かせるのがセオリーだが、意外にもロアアームは純正のままだった。その代わりに調整式のピロアッパーアームを使い、ターンバックルを外して限界まで短縮する工夫のおかげで、16度を実現できたというわけ。

 

 

トランクをよく見ると、ハイマウントランプを発見。ガーニッシュも見て分かる通り、ベースは後期のS14で、フロントフェイスを垂れ目の前期に変えた後期改前期仕様だ。

 

 

ちなみにマシンメイクを担当したのは鈑金屋で、このクルマ以上のネガキャンなS14に乗ってる旦那さん。オールペンもお手の物とはいえ、このメタリックピンクは青パールが光って暗いところでパープルに見える拘りカラー。調色では30回くらい作り直しさせて、さすがに怒られたというエピソードも…。

 

●PHOTO:Miro HASEGAWA

●EVENT DATA:W-Option JAMBOREE(2019.10.6)