「HKSが強烈なGRスープラ用ワイドボディキットを発表!」フルキット価格は100万円【SEMA SHOW2019】 | web option(ウェブ オプション)

「HKSが強烈なGRスープラ用ワイドボディキットを発表!」フルキット価格は100万円【SEMA SHOW2019】

HKS流GRスープラ・レーシングスタイル完成!

 

市販価格はフルキット100万円!

 

その経歴と実力が認められ、早い段階からトヨタよりGRスープラを託されて市販チューニングパーツの開発に乗り出していたHKS。

 

2019年7月には、イギリスで開催された“グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード”に2JZ換装仕様のGRスープラドリフトスペックを持ち込み、ド派手なパフォーマンスで世界中のチューニングファンを驚かせたことは記憶に新しい。

 

 

そうした活動で培ったノウハウをフル投入し、HKS初のオリジナルワイドボディキットで武装したチューンドがこのマシンだ。

 

 
美しい直6サウンドを響かせる「デュアルマフラー」や、純正のアクティブコントロール(AVS)機能を生かせるサスペンション「ハイパーマックス ツーリング」など、各部にオリジナルパーツが組み込まれているが、注目すべきはやはりアグレッシブなデザインのワイドボディだろう。

 

 

デザインは、様々なチューニングカテゴリーへの挑戦や、過去のモータースポーツ活動で蓄積した膨大なデータを元に、空力最優先でプロダクト。フロント60mm、リヤ90mmという強烈なワイド幅を設定し、GRスープラのパフォーマンスを最大限まで引き出すスペックで仕上られている。

 

 

大幅なワイド化によってタイヤの選択肢は大きく広がる。デモカーは、19インチのアドバンレーシングGT(F10.5J+15)にアドバンV601(275/35-19)をセットしているが、もちろん20インチやレーシングスリックも余裕で飲み込むことが可能だ。

 

 

リヤフェンダー上部には、後端が立ち上がったウイング形状のパネルを装備。ダウンフォースの増加を目的とした空力パーツだ。

 

 

リヤセクションはダックテールスポイラーを装備した上で、ウイングステーをナンバープレート位置から立ち上げるバーチカルマウント式のGTウイングを採用。圧巻のリヤフォルムだ。

 

 

このワイドボディキットは一般販売されることも決定しており、フルキット価格は100万円とのこと。現地での評判を聞く限り、近い将来、このレーシングスタイルのGRスープラが世界中で増殖しそうな気配だ。

 

●問い合わせ:エッチ・ケー・エス 静岡県富士宮市北山7181 TEL:0544-29-1235

 

【関連リンク】

エッチ・ケー・エス

https://www.hks-power.co.jp