「GRスープラをさりげなくワイド&アグレッシブに」日本ブランドのエアロを装着したタイムアタック仕様【SEMA SHOW2019】 | web option(ウェブ オプション)

「GRスープラをさりげなくワイド&アグレッシブに」日本ブランドのエアロを装着したタイムアタック仕様【SEMA SHOW2019】

アーティシャンスピリッツがGRスープラ用エアロを発表!

 

8mmワイドのお手軽フェンダートリムを装着

 

 

レクサスを中心としたハイエンドエアロブランドとして、過去にもSEMAショーで数々の作品を発表してきた『アーティシャンスピリッツ』。

 

2019年は、もちろんGRスープラ用のエアロパーツ『SPORTS LINE BLACK LABEL Step-1』をSEMAショーに合わせて作り上げ、会場内には4台ものアーティシャン仕様が展示されていたほどだ。

 

 

その中の1台、名門サスペンションメーカー『MOTON SUSPENSION』のブースに展示されていたマシンは、サーキットでのタイムアタックを目的として製作が進められているチューンドだ。

 

 

ワイドタイヤを履くために必要となるフェンダートリムは、ノーマルフェンダー側の加工を必要とせず、上から貼り付けることで8mmのフェンダー拡張を実現する設計となる。

 

 

この他、フロントアンダースポイラー、サイドアンダーディフューザー、リヤサイドディフューザーを設定。美しいトランクスポイラーも用意されている。

 

ちなみにこの車両では、より多くのダウンフォースを獲得するために、フロントにはスペシャルなアンダーディフューザーを追加し、トランクスポイラーの代わりにボルテックスの新作GTウイングをインストールしていた。

 

 

サスペンションは別タンク式となっていて、タンクは車内やエンジンルームの中に配置。ブレンボ製のブレーキキャリパー&ローターで制動力をアップするなど、サーキット走行のためのチューニングが各部に行われている。

 

 

室内にはスパイスの効いたレッドのスパルコ製フルバケが2脚装着され、レーシーな雰囲気に。エンジン自体はノーマルながら、ECUチューニングによってすでにブーストアップを実現しているという。

 

アーティシャンスピリッツのフルカーボン仕様も展示!

 

 

なお、アーティシャンスピリッツ製のSPORTS LINE BLACK LABEL Step-1は、フェンダートリム以外はFRP製とカーボン製を選択できる設定となる。屋外展示スペースに展示されていたブラックカラーのGRスープラは、そんなStep-1のフルカーボン仕様を組み込んだチューンドだ。

 

 

派手なスタイルのエアロが多い中で、GRスープラを大人っぽく上質に飾りたいユーザーにとって要注目のアイテムとなるに違いない。また、アーティシャンスピリッツ公文代表いわく「今後はさらにアグレッシブな『Step-2』も開発予定です」とのことだから、今後の動向にも要注目だ。

 

 

■価格表

フロントアンダースポイラー:6万5000円(カーボン製13万5000円)/サイドアンダーディフューザー:8万8000円(カーボン製16万円)/リヤサイドディフューザー:5万円(カーボン製13万円)/トランクスポイラー:5万2000円(カーボン製9万2000円)/フェンダートリム:12万5000円

 

●問い合わせ:アーティシャンスピリッツ TEL:048-422-4841

 

【関連リンク】

アーティシャンスピリッツ

http://www.artisanspirits.co.jp