「伝説のTRD3000GTが現代に復活!」GRスープラ世界最強スタイルに認定!【SEMA SHOW2019】 | web option(ウェブ オプション)

「伝説のTRD3000GTが現代に復活!」GRスープラ世界最強スタイルに認定!【SEMA SHOW2019】

受け継がれた3000GT伝説!

 

リヤウイングは本物(TRD3000GT用)の型を使って製作

 

今年のSEMAショーは、GRスープラ祭りだったと言っても過言ではない。日本よりもデリバリーが早く、生産数も格段に多いことが大きく関係しているのだろう。

 

 

その中で来場客の注目を集めまくっていたのが、TOYOTAブースに展示されていた『GRスープラ3000GTコンセプト』だ。手がけたのは、トヨタカスタマイジングディベロップメント(TCD)。

 

 

この名前を聞いてピンと来た人は鋭い。そう、この車両は1994年の東京オートサロンでTRDが発表した、JZA80スープラベースの伝説的コンプリートチューンド「TRD3000GT」をオマージュした作品なのだ。

 

「妥協はしたくなかったので、エアロパーツの開発には、実際に当時TRD3000GTを手がけた方々にお願いしたんです」とは、プロジェクトの指揮をとったTCD栗本氏。

 

 

その熱意あるコメントを聞いて少し感動してしまったのだが、確かにエクステリアを覆うエアロパーツは往年に3000GTを彷彿とさせる仕上がりだ。

 

 

フロントは複雑な面構成で大幅にボリュームアップ。バンパーダクトの外周を覆うカーボンリブがレーサーさを演出する。

 

 

そしてボンネット。この独特のエアスリット形状は、まさにTRD3000GTそのもの!

 

 

リヤウイングもTRD3000GT風のハイマウントタイプだ。ちなみにこのウイング、実際に本物のTRD3000GT用ウイングの型を使って製作したというから驚かされる。「翼端部とウイング部ですね。GRスープラ用にウイング部は詰めましたが、上面の形状はそのまんまですよ」とのこと。

 

 

フェンダーは前後ともオーバーフェンダー仕様となる。特にリヤまわりの造形は凝っていて、サイドドアガーニッシュのみならず、下部のサイドステップ自体から作り変えて、自然なワイドフォルムを演出している。

 

 

組み合わせるホイールは、TWSのRS317(19インチ)でタイヤにはトーヨーのプロクセスR888R(F265/30-19 R285/35-19)をセット。車高はテインのカスタムストリートアドバンスZで適度にローダウンしている。

 

 

リヤは複雑な形状のディフューザーをセット。マフラーはHKSのカスタムエキゾースト(専用設計)、チタンのヒートグラデーションが美しい逸品だ。

 

 

「往年のファンの方々に喜んでもらえたら嬉しいですね。エアロパーツは保安基準等を考えずに作ったコンセプトスタイルなので、今のところ販売は考えていません」(TCD栗本氏/左)。「今後は、アメリカ各地で活躍する予定ですのでご期待ください!」(北米トヨタ Heru Adi Nugroho氏/右)。

 

 

かつてのスタッフたちが立ち上がって、GRスープラにTRD3000GTの魂を注ぎ込んだ傑作。そんなエアロをコンセプトで終わらせるのはどう考えても勿体無い! なんとか、市販化への道を模索していただきたいものだ。