「FN2シビックタイプRユーロにスプーン魂を全注入!」ツボを得たメイキングが冴える匠のFFスポーツ | web option(ウェブ オプション)

「FN2シビックタイプRユーロにスプーン魂を全注入!」ツボを得たメイキングが冴える匠のFFスポーツ

フルバランス取りのK20Aユニットを4スロで武装!

 

スプーン独自のセットアップが光る1台

 

S耐やマカオGPへの参戦など、モータースポーツシーンでも意欲的に活動してきたスプーン。純正部品の限界を見据えることで本当に効果的なオリジナルパーツのみを開発、ユーザーに提供してきたのも拘りだ。

 

そんなスプーンが手がけたチューンドシビックを紹介しよう。ベースは、コンパクトな3ドアボディに構築された英国ホンダ製の“タイプR ユーロ”。2010台の限定輸入モデルだ。パッと見はカーボンボンネットが入っている程度のライトチューンに見えるが、実のところそのメイキングはかなり手が込んだものだ。

 

 

見どころとなるエンジンは、フルバランス取りをしたK20Aに4連スロットルやハイカムを組み合わせ、モーテックでコントロール。排気量は2.0Lのまま実測280psを発揮してきているというからハンパではない。また、サーキット走行に備えてバッフルプレート付きのオイルパンも装着済みだ。

 

 

なお、FN2型に搭載されるK20Aのスロットルは、排ガス規制に対応するためもあって電子制御のドライブバイワイヤー式な上、スロットル径もかなり小さい(1.6LのEK9とほぼ同じ)。そのためレスポンスがスポイルされている面があるが、4スロ化することでこうした問題もクリアできるのはもちろん、連続可変バルタイ機構(VTC)付きのi-VTECなので、低速トルクもバッチリ確保できる。ストリートでの扱いやすさを損ねずに、ハイパフォーマンスを満喫できるのだ。

 

 

排気系は、4-2-1集合のエキマニやマフラーなど全てスプーン製パーツで統一。ちなみにこの車両は4スロ化されているが、ホンダ車は非常に考えられた吸気システムのため、通常なら純正交換タイプのエアクリがオススメだという。

 

 

夏場のサーキット走行に備え、フロントバンパー内にアルミラジエターをマウント。安定した周回を重ねられるよう冷却対策にも気を使う。

 

 

厳しい衝突安全基準をクリアするためにハイテン材を重ね合わせたストラット構造となるFN2。そのためエンジンルームの剛性不足が否めないが、スプーンではロールケージ状に囲う形状のステンレス製バーを開発。全体的に補強することで操舵性を引き上げる。

 

 

足回りは、オリジナル車高調(F9kg/mm R6.8-7.2kg/mm)を軸にセットアップ。駆動系は4-5-6クロスギヤと5.1ファイナルの組み合わせで、おいしいパワーを逃さないギヤ比を設定。LSDは1.5ウェイを装備する。

 

 

ブレーキは軽さを意識したモノコックキャリパーにより制動力をアップ。ローター適性温度0〜400度のブレーキパッドも組み込み、ストリートからサーキットまで対応できるシステムを構築した。

 

ホイールは18インチのプロドライブGC-012Lをツライチでセットし、タイヤにはポテンザRE-11(255/35-18)を組み合わせる。タイムアタック時にはホイールサイズを17インチに落とし、ポテンザのSタイヤに履き替える。

 

 

液晶タコメーターとデジタルスピードメーターが独立したデザインが個性的だ。室内は、リヤシート撤去やカーボンフルバケの投入など軽さを意識するも、内張りは残すなどあくまでストリートを意識した作り。

 

 

その他、FRPテールゲートの導入やエアコンの撤去などによりライトウェイト化をはかるなど、着実に速さに繋がるチューニングを推し進めたユーロR。的を得たそのメイキングは、ホンダ車を手がけて30年という老舗ならではの強みと言えるだろう。

 

●取材協力:スプーン TEL : 0120-112-095

 

【関連リンク】

スプーン

https://www.spoonsports.jp/