「チャイニーズチューニングの今」中国で大きく盛り上がるチューニング&カスタム熱!【All in TUNING 2019】 | web option(ウェブ オプション)

「チャイニーズチューニングの今」中国で大きく盛り上がるチューニング&カスタム熱!【All in TUNING 2019】

カスタムカーコンテストやドリフトデモランも実施!

 

会場前の駐車場ではオーナーズミーティングを開催

 

10月18日から20日までの3日間、今年で7回目を数える『All in TUNING(オール・イン・チューニング)2019』が開催された。会場は昨年に引き続き、広東省東莞(とんがん)市のコンベンションセンター、中国広東現代国際展覧中心。昨年は12月中旬の開催だったが、今年は気温が30度くらいあって日本の季節で言えばまだ夏の感覚である10月中旬に前倒しされたのが大きな違いだ。

 

 

まずは初日の午前中に行われた開会式の様子。東莞市長や、北京での第1回開催からAll in TUNING手がけるイベント会社、雅森国際の社長などがスピーチを行ない、最後に関係者がパネルに金色の粉を振りかけると、中国語でAll in TUNINGを意味する言葉が浮かび上がるという演出がなされた。

 

今年のブース出展は151社312ブランド。昨年以上に賑わう会場でまず目に付いたのは、日本でもおなじみのチューニングメーカーだ。

 

 

HKSは大きなブースを構え、86タイムアタック号と現行FK7シビックを展示。マフラーを始めとしたチューニングパーツやエンジンオイルなどが並べられた。また、TRUST、BLITZ、SaRDなどもブースを出展していた。

 

 

足回り&ブレーキ系も主要メーカーが出展。展示車両としてメルセデスベンツCクラスを並べたTEIN、BMW i8を並べたエンドレスがストリート色を出していたのに対して、D2はレーシングマシンを展示してモータースポーツ色を前面に出すなど、メーカーごとの考えが表れていた。

 

 

ハード系パーツを中心に展開したのが、この2社。ひとつは鍛造ピストンや強化コンロッド、クランクシャフトなどのエンジンパーツ、GT-Rや86/BRZ用チタンマフラーを出展した東名パワード。その隣にはTC24搭載のS30Z、強化クラッチ、スーパーロックLSDなどを並べるOS技研がブースを構えた。さらに、金屏風を立て和のテイストでまとめ上げたKUHLのブースには黒と赤、2台のアルファードが並んだ。

 

 

ウェッズ、エンケイ、ワーク、OZレーシングと、ホイールメーカーも多くの製品を展示。スポーツ系を中心にラグジュアリー系まで、最新ホイールがズラリと展示されていた。

 

 

キャロッセ、ブリッド、ウィンマックス、柿本レーシングなどが合同でブースを出展したジャパンパビリオン。

 

 

後援としてAll in TUNINGの開催をサポートする東京オートサロンもブース出展。

 

 

もちろん、地元から出展のメーカーやショップも多く、昨年に比べて増えたのがターボ&スーパーチャージャーの過給機系と、鍛造ピストンや強化コンロッドといったエンジンパーツ系。徐々にパワー系チューニングが浸透してきている証と言える。また、ブレーキメーカーやエアロパーツメーカーも増加中だ。

 

 

事前エントリーした68台のユーザー車両を対象に実施されたカスタムカーコンテスト。その大半を占めていたのは日本車だったが、ポルシェやBMW、マセラティなどユーロスポーツがあるかと思えば、SUVのD-MAXもあるなど、幅広いジャンルのクルマがエントリー。ほぼノーマルからレベルの高いチューニング&カスタムが施された車両までが並んだ。

 

 

初日と2日目、午前と午後に1回ずつ会場前の特設コースで実施されたドリフトデモラン。地元のドライバーに加え、D1ライツシリーズに参戦している粟野如月選手(左)と下田紗弥加選手(右)が日本からのゲストドライバーとして登場。それぞれ地元のショップが手がけたZ33に乗り、2台同時にコースイン。息の合ったツインドリで詰めかけた観客を大いに沸かせた。

 

 

会場前の駐車場にて日替わりで開催されたオーナーズミーティング。初日はオーディオに凝ったクルマが集まってのサウンドコンテストが行なわれ、2日目は『HKS JDMミーティング』としてR35 GT-Rを始め、CT/CZランエボ、GD/GRインプレッサ、FD/FKシビックなどが200台以上集結。スポーツカー人気の高さを実感させられた。また、最終日はクラウンを中心としたセダンが並ぶなど連日賑わいを見せていた。

 

 

3日間の来場者数は前年比増となる3万2000人強を数えた。東京オートサロンに比べると来場者やオーナーズミーティング参加者の年令層が圧倒的に低く20代前半~30代前半が中心。クルマ好きの若者がチューニング&カスタムカーに注ぐ視線は熱く、それがイベント会場全体を覆う熱気の源だったように思える。

 

昨年以上の盛り上がりを見せたAll in TUNINGは2020年も10月の開催が決定。昨年よりも今年、今年よりも来年…と、回を重ねるごとに規模を拡大し、内容も濃くなっていくのは確実だ。

 

●TEXT&PHOTO:廣嶋健太郎(Kentaro HIROSHIMA)