「TRD仕様のGRスープラをターザン山田が試す!」単筒式ダンパーのネガを完全払拭したヤマハ“TRAS”が凄すぎる! | web option(ウェブ オプション)

「TRD仕様のGRスープラをターザン山田が試す!」単筒式ダンパーのネガを完全払拭したヤマハ“TRAS”が凄すぎる!

ターザン山田も絶賛するヤマハの新発想ダンパー“TRAS”とは!?

 

単筒式ダンパー特有のネガを払拭するヤマハの足が最高すぎる!

 

 

いよいよ本格的にデリバリーが開始されはじめたGRスープラ。ここで紹介するのはそのチューンドモデルで、TRD製が大阪オートメッセ2019で発表した「GRスープラPerformance Line CONCEPT」の市販エアロを装備する、ワークスチューンドモデルだ。

 

 

注目のエアロパーツは、ダウンフォースをむやみに増やすことが目的ではなく適度なリフト低減と整流を追求。フロントバンパー下面にセットされるドライカーボンスポイラーは3ピース構造を採用し、バンパーサイドのディフューザー形状を大きく立ち上げてボリュームアップ。高速走行時のリフトを低減する効果を狙った形状だ。

 

 

サイドステップは純正に被せるタイプ。フロント同様にディフューザー面積を拡大して、ボディ側面に流れるエアを整流する高機能パーツだ。また、ドアガーニッシュと合わせて空力的にロール方向の安定性も高めている。

 

 

スタイリッシュなトランクスポイラーは、リヤのダウンフォース量を増やしてフロントとのバランスを取る。リヤサイドバンパーを含め、他パート同様に空力を追求してデザインされた高機能エアロパーツだ。

 

 

ボディ補強にも手が入る。ボディそのものをバネと見立て、車体全体が均一にじわりと変形するように、ラジエターコアサポート部にパフォーマンスダンパーを装着。部材の振動をすみやかに抑え込んで上質な乗り味を実現する。

 

 

スタイリッシュなホイールは19インチ鍛造1ピース。サイズはフロントが9.0J+32、リヤが10.0J+40だ。タイヤにはミシュランのパイロットスポーツ4S(F255/35-19 R275/35-19)を組み合わせる。

 

 

そして足回り。ヤマハのTRASという技術を採用した試作のサスペンションシステムが搭載されていたのだが、これが本当に凄かった。

 

 

この足のコア技術はダンパーの伸縮方法にある。通常、ダンパーはケース内のオイルをピストンが押すことによって減衰力を発生させる。しかし、TRASはこのオイル経路を逆転させ、引き戻す方向で減衰力を機能させているのだ。これにより、バンプ初期の動きがスムーズになって乗り心地と減衰力アップの両立が可能になるわけだ。

 

 

このワークスチューンドに試乗したターザン山田は「ヤマハの足が良すぎる。ノーマルと乗り比べができたんだけど、まず路面の凹凸の吸収感が圧倒的に違う。ノーマルだとどうしてもカンカンって伝わってくる突き上げを、キレイに包みこむように動いてくれる。パフォーマンスダンパーの効果もあってか、乗り心地が上質で高速道路とかで長距離運転する時も疲れないと思う」と大絶賛。

 

 

続けて「コーナーでパッとステアリングを切った時にもレスポンスが遅れるようなことはなく、ピュッというよりフッという感じで動いてくれる。これは、レクサスを含むハイエンド車を中心に、純正で採用すれば良いんじゃないかって思ったくらい乗り心地もダンピング性能も良かったよ」。

 

 

アフターの足回りをココまで絶賛するターザン山田の姿など、未だかつてあっただろうか。部品構成が複雑で製品化は未定とのことだが、ヤマハの本気が詰め込まれた超高性能サスペンションシステム、ぜひとも市販していただきたい!

 

■価格表

GRフロントスポイラー:32万円/GRサイドスカート:35万円/GRリヤサイドスポイラー:16万円/GRサイドドアガーニッシュ:37万円/GRトランクスポイラー:20万円/GR19インチ鍛造アルミホイール:64万円(1台分)

 

●問い合わせ:トヨタカスタマイジング&ディベロップメント TEL:050-3161-2121(TRDコールセンター)

 

【関連リンク】

TRD

https://www.trdparts.jp