「往年の“ブタケツ”ローレルにスカイラインの直6ターボを搭載!」現代のスポーツカーと遜色ない走りと快適性

フルノーマルのRB20DETとブタケツは相性が良すぎる!

 

エアコン&パワステも機能するトラブルフリーの超快適仕様

 

1972年(昭和47年)にデビューし、ラグジュアリーセダンとして幅広い年齢層から人気を集めた130系ローレル。ハイクラスオーナーカーという位置付けだったため、パワステやチルト機構、パワーウインドウなどの装備が他車に先駆けて投入されたことでも有名だ。

 

 

その中でもとくに人気の高かったモデルが、“ブタケツ”の愛称で親しまれる2ドアハードトップだ。リヤサスペンションがセミトレーディング式で、車高を落とすと大きなネガティブ方向にキャンバーが付くため、ケンメリ(GC110)と並んで“ハの字シャコタン”という言葉を生み出したりもした。

 

 

そんなブタケツに現代的なスペックを投入し、新たな命を吹き込んだのがネオ旧車チューンの名手として有名な「ロッキーオート」だ。

 

 

エンジンはR32スカイライン・タイプMに搭載されるRB20DETユニットを換装。チューニングは行なっていないが、エアクリボックスまで含めてR32スカイライン系車種のオリジナルレイアウトを再現しているのは興味深い。インタークーラーも左フロントフェンダー内に配置されている。元々、L26型エンジンが搭載されていたとは思えないほど自然な仕上がりだ。

 

 

パワーユニットの換装にともない、エンジンコントロールを司るECUもRB20DET用を搭載。もちろん、エンジンハーネスもフルで引き直されているため、旧車に起こりがちな電装トラブルは皆無だ。

 

 

ミッションもRB用で、L型エンジンに流用されることが多いFS5W71Cタイプだ。ない、シフトレバーの後ろにあるのはパワーウインドウのスイッチ。この年式で純正パワーウインドウ装備というのが、ローレルがハイオーナーカーだったことを示している。

 

 

室内は当時の雰囲気を感じさせる仕上がりだ。ステアリングはナルディクラシックで、メーターパネル横にはHKSの追加メーター(ブースト計、排気温度計、油温計)がインストールされている。

 

 

エアコンは純正のコントロールパネルとRB20用のパーツを組み合わせてバッチリ作動するように改良され、パワステも機能する。旧車好きはストックのエンジンに拘る人も多いが、40年以上前のモデルとは思えない快適性と軽やかに吹け上がる直6ターボの走りを体感すると、これはこれでアリかも…と思うはず。それほどまでに違和感がないのだ。興味あるユーザーは、一度ロッキーオートを訪れてみてはいかがだろうか。

 

●取材協力:ロッキーオート TEL:0564-58-7080

 

【関連リンク】

ロッキーオート

http://www.rockyauto.co.jp