「最速の“パチンコ屋”通勤用GT-R!?」700馬力の強心臓にシーケンシャルMTまで搭載!

公開日 : 2019/10/19 11:20 最終更新日 : 2019/10/19 11:20


HKS-TFコンプリートの超絶ハイスペックBNR34、現る。

 

エンドレスの12ポットキャリパーまで搭載!

 

BNR34は間違いなく後世に残さなければならない存在だ。珠玉の名機RB26DETTと、革新的な4WDパッケージングとのコンビが繰り出すパフォーマンスはエンドユーザーに夢を与え、チューナー達に希望を与えてくれた。

 

チューニングはすでに完成の域に達しているが、ここではHKSテクニカルファクトリーが製作した万能型のハイエンドスペックをピックアップしていく。

 

 

エンジンは、ニスモGTブロックをベースに組み上げられたRB26改2.8Lスペック。腰下の主要パーツはすべてHKS製だ。タービンはこれまでTO4Z→T51R SPL-BB→T62Rとモデルチェンジを繰り返してきたが、最高出力とパワーカーブのバランスという観点からT51R SPL-BBに戻した経緯がある。

 

なお、ヘッドは燃焼室形状変更+容積合わせ+ポート研磨と、HKSテクニカルファクトリーのフルメニューが敢行されている。

 

 

ヘッドにはHKS自慢のVカムスペックPRO(264度10mmリフト)を組んでいるが、タービンとの相性を考慮してあえて固定としている。これによりMAXパワーは700ps&75.6kgmに到達。7486rpmで最高出力が発揮されるという高回転仕様だが、ブーストのインターセプト以降で襲ってくる加速Gは強烈とのこと。

 

 

足回りはHKSハイパーマックスプロ(FR12kg/mm)に、ニスモのサーキットリンクというオーソドックスな仕様。「アタックならアーム類もやるべきですが、このマシンはあくまでストリートが主体なのでね」とはHKSテクニカルファクトリーの菊池さん。

 

 

ブレーキは超強力。フロントにはデッドストックのエンドレス製12ポットキャリパーシステムを、リヤにも同社の4ポットキャリパーシステムをインストールしている。

 

 

快適性と機能性が見事に融合したコクピット。ホリンジャー6速シーケンシャルミッションの無骨なシフトレバーと、グローブボックス内に美しく納められた追加メーター類が迫力を醸す。

 

 

エクステリアはニスモZチューンのエアロパーツを軸に構築。ドアパネルは緑整備センターのカーボン製で、GTウイングやカナードもボルテックスのカーボンモデルを投入する。

 

ホイールはアドバンレーシングTCIIIで、タイヤはアドバンネオバAD08(265/35-18)という組み合わせだ。

 

 

その他、トラスト製カーボンペラシャやHKSトリプルプレートクラッチなど、最高と呼ぶに相応しいパーツの数々を装備しているのだが「オーナーは還暦を越えた方で、このGT-Rもパチンコ通勤快速仕様なんです(笑) おもしろいでしょ!?」と菊池さん。おもしろいというより凄すぎる…。

 

●取材協力:HKSテクニカルファクトリー 埼玉県戸田市美女木5-2-8 TEL:048-421-0508

 

【関連リンク】

HKSテクニカルファクトリー

https://www.hks-tf.co.jp