「ただの極低JZX90マークIIかと思いきや・・・」室内に強烈なアピールポイントが! | web option(ウェブ オプション)

「ただの極低JZX90マークIIかと思いきや・・・」室内に強烈なアピールポイントが!

内装はドンガラかと思いきや壮絶なオーディオ空間が広がっていた!

 

ロールケージを活かしたカスタムインテリア!

 

T&Eヴェルテックス製フルエアロと深リムホイールのコンビネーションが美しいこのJZX90マークIIは、オーナーが約10年を費やしてコツコツ仕上げたチューンドだ。

 

 

ホイールは前後異径でセットされた深リムのリバーサイドRTM(F9.0J×19 R10.0J×20)で、このホイールに合わせて前後フェンダーは叩き出し加工が施され、絶妙なツライチを実現している。なお、写真では伝わりづらいが、ボディカラーも大量のブルーフレークが入ったブラックでオールペンされている。

 

 

ルックスばかりに注目してしまうが、このマークIIの真骨頂はじつは室内にある。ドアを開けて中を覗くと、そこにはカスタムオーディオの名門“パワーサウンドM”によるフルカスタム空間が広がっているのだ。

 

 

元々ロールケージが組み込まれた2名乗車仕様だったが、インパネまわりをワンオフ製作してモニターや追加メーターを埋め込み、リヤもロールケージをあえて活かした雰囲気でオーディオスペースを作り込んでいる。

 

 

インストールされたモニターの数はなんと21枚! センターコンソールには10.2インチの大型モニターが配置され、追加メーターと小型モニターを融合させているのも斬新だ。なお、メインメーターはJZX100のオプティトロン式に変更済みだ。

 

 

エアコンパネルやオーディオのコントローラー類はアームレストに収納。それによりインパネまわりの造形の自由度を広げている。

 

完全なドレスアップ系かと思いきや、心臓部の1JZ-GTEエンジンはタービン交換で約450psを発揮するハイスペック仕様で抜かりなし! カッコ良くて速い、そしてアピール度も満点という3拍子揃ったチューンドというわけだ。

 

●取材協力:パワーサウンドM 山形県西村山郡河北町谷時字嶋212 TEL:0237-72-5152

 

【関連リンク】

パワーサウンドM

http://www.powersoundm.jp/