「TOM'Sのレーシング技術を全投入したレクサスLC500が凄い!」スーパーGTのエースドライバーが開発を担当!? | web option(ウェブ オプション)

「TOM’Sのレーシング技術を全投入したレクサスLC500が凄い!」スーパーGTのエースドライバーが開発を担当!?

レーシングテクノロジーをストリートマシンに注ぎ込む!

 

GTドライバーが開発を担当した本気スペック

 

市街地では快適に、ハイウェイに駆り出せば優雅なクルージングが可能。そして、いざサーキットに持ち込めば、圧倒的なパフォーマンスが味わえる。そんなコンセプトで仕上げられたトムスのLC500。同社は、言わずと知れた日本を代表するレーシングコンストラクターであり、このLCの開発を担ったのはトムスのエース、平川亮選手。トムスは本気だ。今回は撮影のためにそのステアリングを握る機会に恵まれたが、限られた時間のストリート試乗でも実力の片鱗を垣間見ることができた。

 

 

誤解を恐れずにいえば、トムスのLC500はどんなシチュエーションでもあくまでジェントルな乗り味に終始する。空気を味方に付けるエアロワーク。路面のアンジュレーションをしなやかにいなす足回り。そしてアクセルと直結しているかのようなレスポンス。そのすべてが高次元で融合されているのだ。さすが、2017年のスーパーGT500を制したトムスと平川亮の最強コンビが仕上げたマシンだと舌を巻いた。

 

 

気になるその詳細をみてみたのだが、各部のエアロパーツはロードカーであることを前提とした比較的小振りな設計ながら、スーパーGTのノウハウを投入し、効果的な空力デバイスとして機能させているのが見逃せないポイントだ。

 

 

フロントリップ両端にはサイドフィンを設け、フロアはアンダースィープ状のカバーで覆い込む。またサイドステップ前方のデザインには翼単板形状を採用。さらにリヤディフューザーによりフロア下を流れるエアを積極的に排出するなど、空気を味方に付ける工夫が随所に盛り込まれる。しかも、そのすべては軽量かつ強靭なドライカーボン製だ。

 

 

一方、車速リミッター解除により秘めたパワーが開放された5.0L V8ユニットは、オリジナルの電子スロットルコントローラーの追加により鋭いレスポンスを獲得。これだけでも十分すぎるほど、速い。

 

ボディワークにも手が入る。前後メンバーやフロアトンネル、エンジンルームに至るまで全5点の補強バーを追加することで強靭なシャーシを構築する。その上でシングルチューブ式のオリジナル車高調キットを投入。市街地での快適性とサーキットでの限界性能を両立すべくセッティングが繰り返された。

 

 

ほどよくローダウンされたボディに収められるホイールは、オリジナルの鍛造21インチモデル『VP-10』(F8.5J+15 R9.5J+15)。タイヤはポテンザS001のフロント245/40、リヤ275/40をチョイスすている。

 

 

そうしたトータルチューンにより富士スピードウェイでのラップタイムは、ノーマルから約6秒もの短縮を果たしたというトムスのLC500。まさに究極のロードカーと呼ぶに相応しい仕上がりだ。

 

PHOTO:平野 陽(Akio HIRANO)/REPORT:石川大輔(Daisuke ISHIKAWA)

●取材協力:トムス TEL:03-3704-6191

 

【関連リンク】

トムス

https://www.tomsracing.co.jp